【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
スキー技術だけ教えていればいいのか?
スキースクール=スキー技術を習う場所

もちろんそうです。

しかし、イントラはスキー技術だけを教えていればそれでイイのかといえば、それは違うと思うのですネ。

スキー場とはいってもその場所を取り囲むのは大自然。
イントラからしてみれば毎日見慣れた当たり前すぎる光景であっても、都会の人からすれば見たことのない絶景が広がっているわけです。

あれは何山?あの町はどこ?

登山者は遠くに見える山を特定したがる習性があり、「山座同定」と呼ばれます。
スキーヤーも年々高齢化していますので、山好きとかぶる部分もかなり多くなっています。当然地形や山に関する質問も以前よりは増えているのではないかと思うのです。

今から10年ほど前、ウチの近隣のスキーリゾートで「ツアーアテンダーシステム」なる企画が行われたことがあります。
単にスキーを教えるのではなく、ゲストと一緒になってスキー場をめぐり、案内して回るというものです。

その企画にウチのゲストと一緒に参加したことがあるのですが、内容的には少々残念なものでした。

「所々でのスキーワンポイントレッスン」を謳っていた割には、そうした技術的アドバイスはほとんどなし。
遠くに見えていた新潟の米山を指して「佐渡島が見える」と言ったり。

晴れれば頻繁に姿を見ているはずの米山をまさか直江津沖80kmも離れた佐渡と見間違うはずなどありません。

いかにイントラが自然の地形に無頓着であるかを露呈してしまった好例でもあります。
もちろんすべての人に当てはまるわけではありません。

しかしこうした例は決して少数派ではないと思います。

しかし自分のいるフィールドから見えるすべての山、町、川、方角。
聞かれたら100%答えられるだけの知識はイントラとして身に着けておかなくてはならないと思うのです。

スキーバカでもスキーしか知らない。それではイケナイと思うのですよ。


予約状況

その後もお問い合わせ、ご予約を頂いています。
現在のところ、週末コースは1月10日の週、1月31日の週が満員となっておりますが、平日あれば、個々人の課題やテーマ、レベルにアレンジして適切な講習を展開しますのでお好きな日程でご用命ください。

1月10日(土)~  溝コブ攻略講座 6名様  *満席
1月17日(土)~  ワタシは1級だ!レベルアップ講座 2名様
1月24日(土)~  指導員向け「コブの指導方法お教えします」 3名様
1月31日(土)~  リピータ限定レベルアップ講座 6名様
 *満席

★ 2015シーズン講習一覧

★ コブ専門シーズン講習券発売

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク