【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
スキーを下に落としていくために胸をフォールラインに向け続ける? 違います!
昨日紹介した勘違いコブ指導の代表格

スキーを下に向けろ

ロクにずらせていない(ブレーキが掛けられていない)人にどんなにこの呪文を唱えたところで、全く効果はありません。
瞬時に体重移動が出来ない人がどうやってパラレルの状態でスキーを落とし込んでいけるのでしょうか。

絶対に不可能です。

今日は勘違いコブ指導の代表格其の二

胸をフォールラインに向け続けろ

ということついて厳しく(笑)追及したいと思います。

胸をフォールラインに向けることで、連動するようにスキーが下を向く

と唱える指導者が存在します。

残念ながらそれは大きな間違いです。少なくともコブが苦手なスキーヤーを指導する上においては間違った概念です。

どんなにフォールラインに胸を向け続けたところでスキーが下を向くことはありません。
これはワタシのコブ上達過程で明らかになっています。

いわゆるひねり動作はコブ滑走においてきわめて重要な概念です。
原理としては捻ることでスキーの迎え角が強くなって除雪抵抗が増大し、結果ブレーキ力がアップするというものです。

捻れば捻るほど、山回りが強くなります。つまり、谷方向へ向かう「スキーを下に向ける」動きとは逆の作用です。

昨シーズンゲレンデでの講習でお客さんに試してもらったことがあります。


スキーをそろえて正対して斜行(右に向くとする)
ある程度スピードが出たら体を左に大きく捻って、胸をフォールラインに向ける
ブレーキがかかる

なぜブレーキがかかるのでしょうか。

捻った瞬間、下を見てください。腰から上を左に大きく捻ることで、腰から下、つまりスキーが右を向こうとします。
つまり除雪抵抗が発生して直進していたスキーが右へ向き迎え角が生じてブレーキがかかるのです。

上体だけが捻られているのではなく、上体に連動して下半身も反対の向きに自動的に捻られるということが理解できます。

ひねりの動作はあくまでブレーキ力増大であり、決してターン誘発のための予備動作ではないということがお分かりいただけると思います。

何言ってんだこいつ?

そう思った貴方はコブ不能スキーヤーを素早く的確に上達へ導くことはできないということを申し上げておきたいと思います。
私はあくまで自らの上達経験、失敗経験、そして指導経験に基づいてのみお話ししています。


予約状況


1月05日 平日コース 1名
1月06日 平日コース 3名
1月07日 平日コース 2名
1月10日(土)~  溝コブ攻略講座 6名様  *満席
1月17日(土)~  ワタシは1級だ!レベルアップ講座 3名様
1月24日(土)~  指導員向け「コブの指導方法お教えします」 3名様
1月31日(土)~  リピータ限定レベルアップ講座 6名様 *満席
2月07日(土)~  はじめてのコブ!初心者講座1 5名様 *残席1
2月21日(土)~  はじめてのコブ!初心者講座2 4名様
 


★ 2015シーズン講習一覧

★ コブ専門シーズン講習券発売

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村

スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク