【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
「後傾を治してください」とのことですが・・・・・・
壁にぶちあたったスキーヤーの永遠のテーマでもある

後傾

コブで確実にブレーキを掛けるには厄介な問題です。

コブでブレーキを掛けるには2つの考え方があります。

ひとつはより素早く迎え角をつくること。
タイミングを逃さず、確実に直進状態を解消し、迎え角を生んでブレーキを掛ける挙動をつくりだすことです。
この動きに関しては、体重移動によって生まれるものなので、多少の後傾であっても問題はありません。

もうひとつは垂直方向に荷重を行うこと。つまり後傾でないことです。

そして上記2つがより高いレベルで融合することによってコブでの滑走速度がより低速になり、自由度が増すことになります。

多くのスキーヤーさんは前者の動きに関しては1-2時間で体得され、緩いコブ斜面ならば楽しく滑ることができるようになります。

しかし後者、後傾矯正に関しては一筋縄ではいきません。

後傾を治したいんですけれど

というお悩みを頻繁にお聞きするのですが、残念ながらこれに関してはワタシの指導だけではどうしようもありません。
カモシカ先生のいうように「500日位滑る必要がある」とたとえられるほど、膨大な時間がかかります。

ただし矯正するための地道な練習方法はあります。

1.横滑り
2.ハノ字に開いて谷足に強く重さを掛けて横滑り


いずれも、スキーを前進させるのではなく、フォールラインに向かって出来るだけたくさんの雪を除雪する動きが必要です。

いざやってみると、自分で思うよりもかなり山側に体重が残ってしまっている方は多いようです。
怖いかもしれませんが、逆エッジを噛んでしまう位にしっかりと谷側に重さをかけて、しっかりと除雪する動きを身に着けてください。

自然で楽スキー論がはびこるようになってからはNGな動きとされてきましたが、

ブーツを押しつぶす如く
膝を前傾させてしっかりと垂直荷重を心がけましょう。

コブ滑走は「自然で楽スキー」でタブーとされてきたことがことごとく必須だということを肝に銘じましょう。

ブレーキ要素大歓迎
ストック突き刺し大歓迎



よろしくお願いいたします。



予約状況


1月05日 平日コース 1名
1月06日 平日コース 3名
1月07日 平日コース 2名
1月10日(土)~  溝コブ攻略講座 6名様  *満席
1月17日(土)~  ワタシは1級だ!レベルアップ講座 3名様
1月24日(土)~  指導員向け「コブの指導方法お教えします」 3名様
1月31日(土)~  リピータ限定レベルアップ講座 6名様 *満席
2月07日(土)~  はじめてのコブ!初心者講座1 6名様  *満席
2月21日(土)~  はじめてのコブ!初心者講座2 4名様
 


★ 2015シーズン講習一覧

★ コブ専門シーズン講習券発売

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク