【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
コブが滑れない原因を消去していく作業こそが上達の早道
コブが滑れないにはそれなりの理由原因がありまして、それをひとつひとつ解消していかなくてはなりません。
吸収とか、先落としとか、そんな高度なテクニック以前の問題であるとワタシは考えています。

やはり原因分析なくして振り付け指導に走るのはイケマセン。

上手な人は往々にして、吸収、吸収と唱えがちですが、コブを滑るという一連の動きだけを捉えるならば、吸収などしなくてもコブは滑れます。
むしろ吸収を意識し過ぎると、雪面への加圧が不十分となり加速を助長しかねません。

また、先落としについても語られることが多いようにですが、それはかなり高等なテクニックです。そんなことしなくても連続ターンは可能です。


スキーを自分の体の下にもってくる

などと、出来ない人の気持ちを理解しないエキスパートが指導するDVDなどではよくみかけます。
そんなこと簡単にいうなよ~(^~^)って感じですよね。

初心者がまず目指さなくてはならないことは、出来るだけブレーキの時間を長く保つということに尽きます。
出来ない理由は99%、スキーが先走ること。これは断言できます。

つまり角づけの絶対的不足なのです。

でも勘違いしないでください。からだを傾けてカービングしてはイケマセン。
あくまで体幹の垂直状態は保った上で、コブ斜面の落差に対して、まっすぐ上から垂直方向に力を掛けるのです。

バンク滑りをするにしても
ズルズルドンをするにしても

多くの人に共通した症状は、絶対的な角付け操作が不足であるということを大前提として練習に取り組まなくてはなりません。

角付け状態をできるだけたくさん生み出すには

昨日も紹介しました

ターンを最後までやめない

ということに尽きます。

あらゆるコブ指導メディアに目を通してきましたが、これは意外と見逃されているような気がします。

「最後まで」とは、コブの一番低い場所、乃至最も斜度のない場所を意味し、つまるところ「切り替えの場所」を指します。

多くの人は、慌ててその手前で切り替え動作に入ってしまって、あたふたしているうちにスキーが直進し、ターンのタイミングを逸してしまっているのです。

それを解消することにコブ克服の大きなヒントのひとつが隠されているのです。

====

昨日時点で、2月までのコブ指導お申し込みの延べ数が90名(*)を越えました。
昨年通期の延べ数が114名でしたので、すでにそれに迫る勢いであります。

ご期待に添うべく、昨年同様、精いっぱいお供させていただきます。
よろしくお願いいたします。

(*)1名様が2日受講される場合、「2」と数える。宿泊業界的数え方です(笑)

★ 2015シーズン講習一覧

★ コブ専門シーズン講習券発売

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク