【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
スキージャーナル1月号の「金言」
遅ればせながらスキージャーナル1月号を買ってきました。


コブ関連の記事といえば某スキースクールの有名講師が語るテククラ攻略

テククラ合格のポイントはココだ!!

テクニカルに合格あと一歩とされる例のダメ出し解説


=========

積極性は認められるのですが、ライン取りが縦になりすぎているため、身体にかかる衝撃がコース後半にどんどん強くなり、暴走してしまいました。吸収動作はある程度出来ているので、コブの深さや大きさに合わせて、三つのラインを使い分けることが大切です。またスタンスをクローズドにキープすることが大切です。

=========


残念ながら解説者は、上手くいかない原因を根本的に勘違いしていると私は考えます。

スチル写真から推測されるのは、受検者は長らく「コブで弾かれるのはスキーが縦に向いていないからだ」と誤った指導を叩きこまれ、下を向ける意識を持ちすぎ、その結果、絶対的な「迎え角」不足によってブレーキ操作が甘くなっています。

「積極性がある」というよりも、コブに入ると常に加速してしまい、低速でのコブ滑走が基本的にできないスキーヤーである可能性が極めて大です。
何れの写真においてもコブの落ち込みでの飛び出しが過剰であり、これは間違いなくコブの底についた瞬間の切り替え動作が遅れていることによるものです。その証拠に、スチル写真からはストックを突くタイミングがことごとく遅れているのがわかります。


本来なら右の上から2枚目、左の下から2枚目の写真でストックを突いて重心移動をすべきところ、いずれのシーンにおいても一枚後の局面で突いています。
私が言うところの、直進区間を30cmにどどめるべきところを50cm直進してしまっているのです。

この例に限ったことではなく、巻頭の特集記事「王者の鉄則」にもみられるように、運動の根本原理よりも「外見はこうあるべき」的な技術解説に偏重していては、根本的な技術向上は望めません。
ワタシが毛嫌いする表現である「ターンコを描く」ももちろんその一つです。

そんな折、私と同じ論を唱えている超有名スキーヤーの記事を同誌に見つけましたので紹介しておきます。

P77の

平川仁彦の
「大人のスキーのススメ」


ハイブリッドスキー華やかなりし2年前の冬にも、同誌の連載記事として紙面後半の陰に人知れずオーソドックススキーの勧めを説いていたことがあります。誰も覚えていないでしょうが。。。。(笑)

9ページにわたるモノクロ記事の最後にこんなくだりがありました。


============

ひとつだけアドバイスしたいことは、「学び方」を工夫することです。一般的に多い学び方は「形態模写」です。学習の手順としては仕方のないことですが、多くの場合「外観のコピー」になります。「形づくり」を優先すると「よい動きが生まれる」と勘違いしてしまうことです。よい学習法は「真似る」ことからヒントを得て、自らの力で「動き作り」へと入っていくことです。その結果として「形が生まれる」ということです。
中略
多くのスキーヤーはまずベースのテクニックを正確化することが大切です。

============

ワタシは「振り付け」と呼びましたが、平川氏は「形態模写」と表現しているところがなかなか興味深いところです。しかし言わんとすることは全く同じでして、記事の内容には全く同感、激しく同感するところであります。

「形態模写」に終始しがちな傾向は、お手本至上主義の基礎スキー界の伝統による弊害ともいえなくもないと私は考えます。
しかし、目指す運動を体現するには、うわべだけの「振り付け」「形態模写」ではどうにもなりません。

何度受けてもプライズが受からないと悩む人たちは、受かりたい一心でスキースクールの門を繰り返し叩きます。
しかし、このDVDに見られる通り、形態模写の強要に終始するばかりで、内面的な動きの改良につながらない「振り付け指導」に終始している可能性も否定できず、その結果上達への道のりがいつまでたっても閉ざされてしまったままになっているのではないでしょうか?

決してすべてのケースに当てはまるわけではありませんが、心当たりのある方も少なくはないと私は考えます。

映像を見れば合格している人とダメな人の差は明らかですが、その差を埋めるための根本的な道筋と原理について正しく指南できない指導員が少なくないという現状もまた無視できません。

★ 2015シーズン講習一覧

★ コブ専門シーズン講習券発売

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク