【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
結局のところ「良いターン」てなんだ?
アレこれ難解な技術論が飛び交う中、レジャースキーヤーが追い求めるのは、結局のところ、滑走中の快感なのだと思うのです。

快感を得るには

スピード
安定姿勢
自由度

を高いレベルで融合させる必要があります。

なので、ボーゲンよりもシュテム、シュテムよりもパラレル滑走のほうが俊敏性に富み、自由が利きます。あらゆる斜面に対しての適応力や守備範囲が広いのは言うまでもなく、万能技術であることには疑いの余地はありません。

高速でターンしているとき、自分が得意だと思う方は、まず間違いなく下の4つのポイントを実感することができるはずです。

1.狙い通りのポジションで「均一」に加圧が出来ていて、かつそれが無意識に行われている。
2.転ぶ気がしない
3.外乱があってもリカバリー出来そうな気がする
4.もっとスピードアップができそう
5. 雪面からの強い圧力が感じられ、スキーがとてもたわんでいそうな気がする


逆に苦手な向きにおいては

1.ベストの荷重点がいまひとつはっきりせず、無意識のうちに手探りしている気がする
2.あまりスピードを上げたいという気にならない
3.あまり気持ちよくない
4.ギャップに突っ込んだらすぐにコケるかもしれないと感じる。


しかし検定においては上記のようなスキーヤー個人の感覚とは関係なく、「型」によって良しあしが判断される傾向にあります。

いまから2年前までの主流だったハイブリッドスキーにおいては、弓なりのシルエットがNGとされ、二本の足で真っ直ぐ斜めに角を立てて進んでいく「抵抗感のない」「雪煙のあがらない」「谷周り連続」でターンすることが良しとされました。

ことにプライズテストにおいてはその傾向が顕著で、プライズ志願者は大いに悩まされました。

中には

「そんなターンしたって面白くない。検定のためにどうしてここまで自分を犠牲にしなくてはならないのか」

などと感じていたスキーヤーも少なくなかったと思われ、合格のために、先生の言われるがままの形態模写に走ったのことは記憶に新しいところ。

ウチのゲストにもいらっしゃいました。

気持ちよくターンしている向きは体が弓なりになって、ご本人も気持ちのいいターンだとおっしゃっていました。
しかし先生曰く。

あなたはそっちが気持ちいいと感じるかもしれないが、検定的にはNG.
頑張って二軸運動を体得しなさい

と指導を受けていました。

もちろんご本人は納得していませんでしたが、検定のためには仕方がありません。

しかしプライズの世界って、一度はまると抜けられない、まるでコンプガチャの如しだと思いませんか?(笑)
甘々の74を連発する某スクールの誘惑に、繰り返し受検してしまうスキーヤーの多いこと。。。。

ワタシは単なる1級ですが、これまで口酸っぱく申し上げている通り、検定に一度落ちたのなら、同じシーズンに何度も受けるべきではありません。
例えば。
オール74ならばまだまだ道半ば。修業が足りなさすぎです。

受験する時間があるならひたすら自撮りして練習に励むこと。

そして「上達を実感した時点」で、信頼できる先生に見てもらうこと。

それに尽きます。

★ 2015シーズン講習一覧

★ コブ専門シーズン講習券発売

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村



スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク