【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
「スキーが下を向かない」のではなく、単にターンが出来ないだけ
お電話でお申し込みを頂くとき、皆さんにはもれなく、コブの滑走レベルや、指導を受けたことがあるなしについて細かくお尋ねすることが常となっています。

よくあるコメントの代表

「どうしてもスキーが下を向かない」
「スキーを下に向けていけと指導を受けたが全然上手くいかない」

スキーを下に向けるという表現方法は、いわばコブ指導の業界用語のような気もします。

「下をむけるためにどうすればいいと習いましたか?」

とお尋ねすると、間違いなくこんな答えが返ってきます。

「体をフォールラインに向け続けることが大事だとならいました。」


しかしながら、どんなに上半身をフォールラインに向け続けたところでスキーが下を向くことはありません。残念ですが。

捻れば捻るほどスキーは捻った方向とは逆、つまり山側を向こうとします。

つまりコレは間違った指導なのです。申し訳ありませんが、そう断言します。
捻る動作は迎え角を強めるための動作、つまりブレーキ力アップの動作であり、決して下をむけるための補助動作ではありません。

じゃあなぜ下を向かないのか。

理由は簡単です

定められた場所で
瞬間的に
体重移動して
スキーの向きを変えることができないからです

一言でいうなら

単純に瞬間的なターン操作ができないから。さらに、ターンに入る前に既に速度超過に陥っているからです。

それに尽きます。

コブにおける滑走可能エリアは極めて限定的です。
タイミングを逃すと、スキーは行き場を失い、袋小路に追いやられます。もしくは脱線です。

下を向けられる場所が、はるか後方へと遠ざかってしまうのです。

コブが出来ないのは、スキーが下を向かないのではなく、ターンができないから。

ターンができないのは、瞬時の体重移動ができないから。

では瞬時の体重移動をするためにはどうすればいいのか?

スキーの引き戻し?
先落とし?
吸収?

いずれも方法論としては正しいものです。しかしコブが全くできずに困るスキーヤーにはほかにもやることがあります。

それは何度も強調している

ストックを突く

これに尽きます。

ストックを突けばスキーが下を向こうとします。

ストックワークは瞬時の体重移動を強制的に実現することのできるきわめて優れた手段となり得ます。

ストックを使うことで、内傾防止、そして、瞬間的体重移動の重要性を再確認することができるのです。

ぜひお試しください。


★ 2015シーズン講習一覧

★ コブ専門シーズン講習券発売

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村

スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク