【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
こんな中上級者本当にいる!? ~無用の振り付け指導に要注意ですよ
スキーブーツを買換えたのに滑りにいけないので今日はブログ。

スキーグラフィック1月号の
スランプを生む三つのトラップ

として新潟県連のS氏が解説をつとめています。
少し前の技術選予選甲信越で彗星のごとく現れ、Sって誰だ!?みたいなセンセーションを巻き起こした選手です。

こんな滑りにはならないよう注意せよとのこと。



しかしね~。

いつも言うんですが、BADケースが大げさすぎて全く説得力がないんですよ。

いくら教程が変わって外向傾が強調されるようになったからと言って、中上級者にこんなヘンテコの滑りをする人がいるとは思えません。
もし仮にいるとすれば、昨シーズン、スクールで過剰な振り付け指導を受けたかわいそうな人の可能性が大です。

外向傾は、遠心力と向心力のバランスによって自然に起こるものであり、それなりの高速になれば、自然とシルエットとして出てくるものです。
レーサーだって、外向傾を作れと言われて弓なりになっているのではなく、高速でターンしながらかつ遠心力に耐えるために自然とそうした姿勢になっているにすぎません。
最も速く滑るための結果にすぎないのです。

しかし過剰な外向傾がスランプの原因とは、よくいったものです。
スランプに陥らせてしまった張本人は、ああすればこうしろ。こうすればああしろと、過剰な振り付け指導に走るイントラだったりして。

心当たりありませんか?

めちゃくちゃうまい人がスクールにやってきて、イントラの本心としてはほとんど教えることもないのに、ネタがなくて無理やシルエットのダメ出しに指導に走る人。

こういういい加減な記事を見るにつけ、滑走技術に優れていても的確な指導はできない人が沢山いるのだということを改めて思い知らされます。

くれぐれも行き過ぎた形態模写には注意しましょうネ。

★ 2015シーズン講習一覧

★ コブ専門シーズン講習券発売

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク