【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
バンク滑りもイイのですが、縦のラインも意図的にトライしてみましょう
コブが上手くいかないという方にもいくつかのパターンがあります。

1.全くターンができない方
2.ターンできるが即加速してしまう方

この記事では2.の方についての改良方法について触れたいと思います。

ターンできるという方は、基本的にスキーの乗り位置は正しいように思われます。コブ滑走中の姿勢もおおむね良好です。ちなみに先に紹介したビフォーアフター例の2例目のスキーヤーさんのサイドショットですが、乗り位置には問題ありません。動画の通り、バンクを這わせた小回りはOKです。



しかしブレーキが弱いのです。

そうした方の多くはいわゆる溝の少し外側、いわゆる「バンク」の部分を滑っています。
バンク滑りはコブの落差を避けるという意味で、初歩の取り掛かりとしては非常にオススメな滑り方です。
整地小回りの延長の感覚で滑ることが可能です。しかし、往々にしてズレ幅が少なく、斜度は緩くても速度超過に陥りがちです。

ズレ幅がすくないのを長い距離をずらすことで結果ブレーキを発生させるという考えです。

しかしそれでは多くの方がブレーキが不十分になりがちです。それをカバーする方法として、さらに大外を回って遠心力を活用する方法があります。しかし、昨今の溝コブの形状によっては外を回るスペースがないことも考えられます。

そこで目指していただきたいのがコブの裏側を削る方法。
溝コブであっても、それなりに掘れてきたコブには、必ず内側の落ち込み部分に落差があります。その落差を狙って強く削る方法です。

昨年もそうでしたが、溝コブ攻略は往々にしてバンク滑りにこだわる傾向が見られます。「ズルズルドン」するほどの横幅がないとお嘆きの方も多いのですが、バンクを軽く削って加速するよりも、思い切って内回りして強く落差を削った方が効率的なブレーキになることも非常に多いのです。

ワタシもかつてはコブでの滑走姿勢を安定させるためにまずはバンクのみにこだわり滑っていました。
しかし、やがてポジションが安定して後傾がなくなってきたところでバンク一辺倒には決別し、現在では内側を削る滑りを意識して「素早いブレーキ」を心がけています。

是非お試しください!

★ 2015シーズン講習一覧

★ コブ専門シーズン講習券発売

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村

スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク