【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
どの口が言うか?SJ誌
今日はスキージャーナル、スキーグラフィック、大人のスキーの3冊を買ってきました。

しかし自然で楽スキーの呪縛が解けるや怒涛のごとく

捻れや
押し出せ
くの字や

あれほど混乱に陥れてきた基礎スキー界、その牽引誌が呪文のごとく同じことを繰り返しています。

しかし

SJ誌カラー特集の

ショートターンはかかと支点
外押し出し


特集には猛烈な違和感を覚えました。

引用

最近、スキーのサイドカーブを利用して長めのエッジングでショートターンをするスキーヤーが増えてきていますが、彼らの滑りをみていると「短い時間で雪を削る」という意識が薄いように感じます。
そのため、急斜面や硬いバーンなどに行ったときにターンをコントロールすることができずに暴走してしまう人を多く見かけます。

どの口が言うか!?

散々スクールで小回りは大回りの弧を小さくしたもの
ブレーキ要素をできるだけ少なくする
谷周りの連続で

と散々唱えていたのは記事の監修者の貴方ですよ?
勘弁してよねって感じです。

やっぱり講習生には間違った論を教えておきながら、イントラ軍団は急斜面でシレーッとバインシュピール技法を普通に駆使していたことをこの期に至って白状。
道理でみんな「紙相撲」になっちゃう訳ですヨ。トホホ。。。。

しかも

かかと支点

の表現は明らかに間違いです。

中学校の理科で習いませんでしたか?

支点
力点
作用点

かかとで押し出す操作はかかと支点ではなく、かかと力点。
スキーの前半分に支点があって、かかとに力点、テールが作用点です。

トップを動かすという表現が大好きな連盟デモ軍団ですが、トップは動かすものではありません。動きません。
かかとに力点を置き、スキーの後ろ半分が外に押し出された結果トップが動くように見えるにすぎません。

素直でまじめなスキーヤーはこれを読んできっと頭を抱え込むはず。

難しいな

と。

やっぱり超エキスパートと一般スキーヤーの「感覚のかい離」以外の何物でもありません。


抗議ものですヨ。(笑)

チッ!!(涙)

★ 2015シーズン講習一覧


★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク