【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
残念な記事 ~いまだ言行不一致から抜け出せず
昨日紹介の

ショートターンはカカト支点と外押し出し

読み進むとさらに理解しづらい記述が出てきます。


引用
===
ショートターンを上手くできない人はスキーの前よりに乗ろうとするあまりターン後半に回ってきたスキーに対してポジションが前につまりバランスを崩してしまうパターンです。それによりスキーがすっぽ抜けて身体が遅れ暴走してしまっている人を見かけます。
===

「前よりに乗ってスキーがすっぽ抜ける」の姿勢イメージがよく理解できません。すっぽ抜けて身体が遅れるのは、カカトに乗りすぎて後傾になりカービング挙動を伴いスキーだけが先走り過ぎるからなのではと思うのですが。。。
この雑誌を読んでいるような層に、整地の小回りでターン後半までスキーの前よりに乗り続けて身体が詰まる人など本当に存在するのでしょうか?
前に詰まればスキーは急減速するように思うのですが、間違いでしょうか?

半歩譲ってもイマイチよくわかりません。

あと問題なのはこの記事。


外押し出しを強調しておきながら「谷周りでブレーキ」とは何ぞや?

同じ記事の別のページで

最近、スキーのサイドカーブを利用して長めのエッジングでショートターンをするスキーヤーが増えてきていますが、彼らの滑りをみていると「短い時間で雪を削る」という意識が薄いように感じます。
そのため、急斜面や硬いバーンなどに行ったときにターンをコントロールすることができずに暴走してしまう人を多く見かけます。

などとダメ出ししておきながら、全く矛盾する奇妙な図説。

山周りは「曲げ切り替え」として加速する場所であるかのような説明を添え、ブレーキを掛ける場所ではないと図説しておきながら、上の写真ではバッチリ山周りの局面で雪しぶきが上がって外押し出しを続けているではありませぬか。
もしこの図説の通りのスキー操作を行えば、解説者が「最近のスキーヤーは云々」とダメ出ししたように間違いなく暴走です。

切り替え直後はあくまで落下、加速の局面です。加速できるのにどうして無理やりそこで外押し出しをしなくてはならないのでしょうか?

毎度お得意の「デモにしかできない曲芸」を末端スキーヤーに強要しようとでもいうのでしょうか?

スキー技術のレベルを問わず、外押し出しは山周り局面行われるのが至極普通の考え方です。
外押し出しを長く続ければターンが続きやがては切れ上がり。
外押し出しをゆるやかに行えば回転半径は大きくなる。
外押し出し動作の後半を強く一瞬で行えばスキーが停止するわけです。

何も難しいことはありません。

こんな矛盾だらけのインチキ解説が横行しているから、テクを10回受けても20回受けても、明確な指針が見いだせずに無駄なお金を払い続ける基礎スキーヤーが後を絶たないのです。

このような言行不一致は2年前でおさらばと思っていたのですが、いまだにこんな記事にOK出してしまうとは編集部もかなりいい加減ですね(^_^)

★ 2015シーズン講習一覧


★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク