【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
突っ込みどころ満載の(?)検定攻略専門誌
一昨年卒業?したSG誌。しかし、コブ指導活動を本格的に開始したことに伴い、冬季は毎号買うのが常となっています。
昨年はソチオリンピックだったというのに、そのネタには一切触れない潔さに大変驚かされたものですが、もはや検定攻略専門誌ゆえに、オリンピック関連記事などどうでもよかったのでしょう。

昨日紹介した「つのじターン」もアルペン競技スキーの流れをくむ指導方法のようですが、検定命スキーヤーにとってはどうでもいい話で、ウヤムヤな検定ジャッジ基準をとにかくなくしてほしいと願うばかりです。

あそこのスクールでは「つのじ」。こっちでは「マル」。
勘弁ですよね(^_^)

さてそのSG誌。

今月号の目玉はなんといっても

横滑り虎の巻


コブと並ぶ1級検定のカベともいえるこの種目。

正直言って、70だろうが71だろうがあまり関係なく、結局は白か黒かの合否にすぎません。
デモが演じたら85になるのか。吉岡大輔がやれば90?
コブ研究所所長の横滑りは71だとすれば、吉岡との19点差はいったいどこに?

その差は肩書の差です。(笑)

思い切り捻って体を垂直にキープできれば誰にだってできます。
でもそれが出来ずに横ずれすることなく前進していってしまう。。。。。

整地の従来種目と違って無用の形態模写を強いられることはありません。とにかく根気よく頑張りましょう。



それとは別に。

徳竹剛の1級テククラパターン別検定合格法

これはちょっと突っ込ませてもらいます(^_^)

モデルとして登場する

Kさん 2級 女性
Sさん 2級 女性
Aさん 1級 男性

2級のKさん、Sさんがシチュエーション別にいくつか滑走して模擬採点を受けているのですが、ある局面では71、ある局面では68や67.
2級レベルのスキーヤーがどんなに頑張ったところで71など出るはずもありません。
2級の滑りはどんなに上手く取り繕っても2級でしかありません。

つまりここに登場するモデルさん。イニシャルでしか表示されていませんが、実は相当な腕達者と思われます。
2級なんかじゃありません。
どのカットを見てもスキーの乗り位置はいいし、腕の構えも実に自然。


ひょっとして、KさんとSさんは同人物ではないかとも推測されます。
ストックの構えかた、足の曲げ方、背格好。あまりに似すぎています。

1級ホルダーとして登場するAさん男性はX脚が目立ち、実際はK&Sさんよりも技術レベルは劣るのではないかとも静止画からは推測されます。

相変わらずの重箱の隅をつつく如しのダメ出しにはあきれます。

これを内倒しすぎで67と判定されたら、この人、どうやってあとプラス3点を目指せばいいのでしょうか?


マイナス3点なんて感覚的には「門前払い」も同然なのですが。。。。。

そして次のページでは修正して見事に70.


これに3点もの劇的な差があるとは。。。。。

いずれにしてもこの女性。超上手い人です。2級なんかじゃ絶対にありませんネ。おそらく(笑)


★ 2015シーズン講習一覧


★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村

スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク