【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
コブを滑りながらどこを見るか? コブが出来ずに困っている方には超重要な概念です
今日から二日間は昨年受講されたXさま。

遠路夜行バスでお越しいただきました。

コブは完全に消えて綺麗な圧雪斜面でしたが、二人で一生懸命掘りまして、午後にはなんとか練習できる程度の溝が出来上がりました。

コブのコツを学ぶ教材としては必要にして十分な環境です。

優しいコブゆえに、絶対に果たさなくてはならない課題があります。
それは、溝の底(雪だまりになっている場所)まで雪を削り続けながら横滑りで到達し、ターンをそこで終わらせるということです。

ラインを外すことなく、正しくスキーを斜めに「迎え角」を保ちながら削り続けるのです。

そこで重要なのは視線です。

デモのDVDなどを見ますと、2-3個先のコブを見るという人が多いようですが、コブが出来ずに困っている人はそうした戯言は無視してください。

削る運動が出来ずに困っているのに、今まさに削らなくてはならない場所の2つも3つも先を見て滑るなどと言うことは全く持って愚の骨頂であります。

コブの解説に登場する人たちはコブを一個一個ゆっくり滑るなどという習慣はありません。
あまりに上手なので足元を見ながら滑るなどという習性も持ち合わせていません。

つくづく上手い人はできない人の気持ちが理解できないのだなということを思い知らされます。

正しくは、

次に削る場所、そして削った結果スキーがターンを終える場所を注目することです。
削る場所は簡単に言えばコブの裏側、ターンを終える場所とは、コブ(溝)の底、切り替えの場所の場所です。

スキーというのは往々にして視線を移動した方向に向かって自動的に走っていく特性を持ち合わせています。
大回りでも小回りでもコブでもほぼ同じ現象が起こります。

コブでのコレを実践いただくことで、コブの溝に至るまでの削り動作が丁寧になります。溝の底を見るころで確実に最深部に到達できます。

カッコつけた表現を使うなら

ぬーとらるぽじしょん 

をつくることができます。

実際今日この概念を試してもらったところ、実に低速にて溝コブを完走されました。

めでたし。


本日のコブ滑走解説です。

左ソトアシ右ターン時に正対の症状がありまして、ターンの度に飛び上がる症状が見られます。
飛び上がって加速した後の左ターン時に強いブレーキを掛けて結果オーライとはなっていますが、溝が深く、急斜面になるとなかなかそうでもいきません。

それを改善する方法として

1.右ターン時にひねり動作を強める
2.右ターン時に右ストックを出来るだけ早く突き、早目にスキーに迎え角を作る



★ 2015シーズン講習一覧


★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村

スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク