【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
対応レンジはかなり広いと自信を持っております(^_^)
ワタシが最も得意とするレベルは1級前後のいまひとつコブが苦手というスキーヤーさん。
かなりの高確率で「覚醒」させられる自信を持っております(^_^)

随分とレベルが高いなと思われるかもしれませんが、実際は対応可能な幅はもっと広いです。

例えば昨日から受講のTさん。

講習開始後の整地滑りチェック



コブトライアル


おそらく普通のスキースクールさんなら、コブをやるにはまだ早いと判断されるに違いありません。
かなりの高確率で整地練習オンリーの憂き目にあうはずです。

しかし、このTさんをはじめ、多くのシニア層は何とかしてコブを滑ってみたいという憧れのようなものをお持ちです。
格好は二の次でいいから、何とかしてコブに入ってみたい。そう願う方は相当な数に上ると常々感じています。

貴方は後傾が過ぎるからとにかく整地の練習を

というのもまっとうな考え方ですが、ワタシのコブ指導経験に照らすならば、後傾であってもコブに入ることは可能です。
コブに入る喜びを味わうというのは格別なものがあり、得も言われぬ達成感があるものです。

よってTさんも他の方同様、コブの実践練習にひたすら取り組んでいただきました。
しかしあくまで細切れ。最大でも5回転です。

しかし1回もターン出来なかった人が、ワタシのメソッドを使って5回もターン出来るようになります。

ストックを突くという意識を強く持つだけで、たとえ突けなくとも、コブの落ち込みでのスキー先走り&転倒を繰り返していた方が、連続ターンになってしまうのです。



頑固なベテラン指導員は「そんなの邪道だ」と言うかもしれません。
「足も揃っていないのに、コブを滑ったことにはならない。」というテクニシャンもいるかもしれません。

しかしTさん、今まで一度たりともコブに入ったことがないのです。
そうした方からすれば、この姿勢であっても、十分コブを滑ったという満足感に満たされます。
成功体験となって深く脳裏に刻まれます。
歴史的1日となります。

お金をいただき講習を施すからには第一に考えなくてはならないのは顧客満足度。それに尽きます。

★ 2015シーズン講習一覧

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク