【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
そもそも「技術の使い分け」を強いたことが最大の失敗だったと思われます
本日のゲストは皆さんシニア世代。

皆さんそしてもれなく熱心なスキーファンであります。
食後のスキー談義もまた熱が入ります。

ここに来るまでコブなどやったことがないとお悩みだったFさま。


私たちはカービング世代。10数年前にスキーを始めたとき、しきりに

足は肩幅位に開け
ストックは突き刺すな「タッチ」だ
大回りでは正対
小回りでは外向

と習った。しかしここへきてなんだ?手のひら返したように。



多くのスキーヤーが不平を口にする現状を代弁してくれました。

10年ほどの前の技術選の大回りは「ゴキブリ滑り」などと今では揶揄されますが、みな足を開いて腰を落とし、本当に昆虫が地を這うような姿でギジュツを競っていました。

しかし不整地では突如として足をぴったり揃えてストック突きまくり、昔と何ら変わらないコブ滑りに変身。

そもそも一般スキーヤーに技術の使い分けを強いたことが最大の失敗だったと言えます。

ターンの時はウチアシ荷重(主導)
でもリフト乗り場で停止するときはソトアシ荷重で停止

整地の小回りはストックを突かないけれど、コブではガンガン突く

整地では足を開いて昆虫滑りだけれど、コブでは足を閉じて昔滑り

指導の対象となる「一般大衆スキーヤー」は滑るシチュエーションが変わるごとに技術を使い分けるなど、ほとんど不可能です。
整地でストックを突くなと刷り込まれたスキーヤーはコブでもストックを突くことができません。

足を開けと習ったスキーヤーは、コブでもどこでもいつも足が開きます。

スキー教程を考案する人たちは言われたことは何でも「デモ」することのできる超上手い人です。
ストックを突いたり突かなかったり、足を開いたり閉じたり、内に乗ったり外に乗ったり。
なんでも使い分けの自由なテクニシャンです。

でもそんなことのできる人はごく一部のスキーヤーです。

無駄な技術の使い分けを強いたことが今の商業基礎スキーシーンの最大の失敗だったと言えるでしょう。

悪いことはいいません。

コブでの技術はすべての技術に応用が可能です。
コブが上手くなれば整地が数倍上手くなります。

みんなでコブ遊びしましょう!!!!

★ 2015シーズン講習一覧

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク