【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
ストックを突くことは最低条件であり、十分条件ではありません
木島平のヘタクソ、ストックを突くだけで簡単にこぶが滑れるなんて、随分とヒドイことを言いやがる。
そんな誤解があっては困りますのでここで改めて。。。

今から2年前に密かに行っていた「一日でコブが滑れるコブテクニック」。

この時はストック云々ということは全く触れていませんでした。

落差を避けてすり鉢の一番上の縁を滑ると簡単ですよ

てな具合に、導入におけるバンク滑りを体得することでコブの起伏に慣れるというプロセスを推奨していました。

しかし、バンクが不明瞭であっあったり、単に深く掘れた溝などではそのテクニックが通用しません。
もちろん、急斜面で加速度が大きい場合にもあまりに役に立ちません。

そこで気づいたのが、スキーに直進させるヒマを与えない、徹底的な「迎え角」発生。

それはつまるところ横滑りです。
コブであっても横滑りを1回やるだけなら多くの人が実践可能です。

ところが所定の位置でスキーの向きを瞬時に変えて連続さるとなるとこれがまた至難の業なわけです。
お尻が落ちて、整地でのクイックな回転が出来ないスキーヤーが多い訳でして、これこそが大多数のスキーヤーがコブが出来ずに困り果て、スキースクールのイントラでさえ明確な処方箋が出せずにいるわけです。

そこで気づいたのが、岩渕隆二のコブDVD。


ストックを長くして

肩から振りかぶってストックを突きさせ


目から鱗な気分でした。

さらにデモが演じているこぶDVDの映像を見ても、コブの底に突いた瞬間にあらん限りの力でストックを突きさし、押さえつけているのがハッキリとわかりました。

そう。

中級者がコブ攻略(連続ターン)のための第一歩、かつ最低条件は

ストックを突きさすこと。それもタイミングを逃さずに。

という結論に至りました。

そしてそこからさらなるステップアップのために、

ひねり
外押し出し
つま先荷重による先落とし

その他諸々のあらゆる方法を試し、成果を実証してきた中で、もっとも効率よく上達に導くことのできる方法を複合的に組み合わせて指導を行っています。

なのでストックが全くつけずにいる方は、徹底的なストックワークの練習をお願いしたいと思います。
突けない限り、私はそのことばかりを連呼します。最低条件です。
覚悟しておいてください。

ストックを突かなくても、加速せずコブで連続ターン出来るぞという人は当研究所の対象ではありませんので念のため。


★ 2015シーズン講習一覧

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村

スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク