【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
ストックがどれだけターンのために活用されているかはデモのDVDを見ればよくわかります
ストックが使えないスキーヤーが多いのには、なんとも嘆かわしいばかりです。
ストックはセンサーだと意味不明なことを発したことを発端に、多くのスキーヤーがストックを単なるバランスポールの如く脇役に追いやってしまいました。

確かに整地の滑りにおいてはストックは突く必要もなく、ただぶら下げているだけでOKです。

しかしコブにおいてはそうもいきません。

コブにおけるストックは回転を導くものと言うだけではありません。
コブにおいてより明確な「雪面コンタクト」を実現するために必要とされる「先落とし」を実現させるためには必要不可欠な道具なのです。

このスチル画像をご覧ください。



時折引き合いに出す佐藤麻子サンのものです。
板が半分以上飛び出していますが、ストックはしっかりと地面に刺さったままです。
1級レベルでこれほどに明確な強いストックワークを行っている一般スキーヤーは皆無ですが、実はこれは非常に重要な運動であることを強調しておきたいと思います。

しかも、ストックを突くタイミングと場所は、皆さんが普段適当に突き刺している地点よりもはるか前方です。



思い切り手を伸ばし、スキーの先端横に突きさしています。
突き方も「ひっかく」のではなく、あくまでシャフトの向きと同じ方向に向けて差し込んでいく感覚です。
ストックは長めがイイと言う所以です。

そしてストックを突きさした次の瞬間、スキーが体の下に戻ってくるような挙動を示します。


これこそが先落としであり、高度なコブ攻略のための必須要件として挙げられる技術要素となります。

もちろんストックなしてコブを練習するのもかまいませんが、ストックなしでは単に削る運動にばかり終始してしまいがちです。先落としはほとんど不可能です。


どうせやるならストックを使って削り運動+先落としのダブル効果。

是非お試しください( ^ω^ )


★ 2015シーズン講習一覧

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村

スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク