【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
間延びした溝コブでどうやってブレーキを掛けるのか?
間延びした溝コブでどうやってブレーキを掛けるのか?

そんな悩みを抱えるコブ不能スキーヤーはかなり多いと思われます。

しかしどんなコブであっても、ブレーキの掛けどころが必ず存在します。何故なら「溝」や「コブ」はブレーキを掛けて雪が掘られた結果の産物だからです。

細くて間延びした溝コブには「バンク」削り出来る部分はほとんど存在しません。そもそもバンクでのターン(ブレーキ)は遠心力を活用するために相当な左右のスペースが必要です。

しかし、間延びした溝にはその内側に削ることのできるスペースが必ず存在します。決して目立ちませんが、わずかなブレーキングゾーンです。私は「内削り」と呼んでいます。

「ズルズルドン」するほどの横スペースではありませんが、スキーを斜めにした状態で削っていく運動が実現可能な溝の内側です。

しかしここを削るのが難しいのは、スキーを真横に向けることができないので、上手くやらないと、スキーが先走ってしまうのです。(そうだ!そうだ!という声が聞こえてきそうですが。。。。。笑)

しかし先走らない(正対)しなければ、脆弱なるも確実な削り運動によるブレーキング操作に結び付けることが可能です。
それは


逆ひねり

です。

口酸っぱく申しています通り、逆ひねりはブレーキ力アップの動作ですので、個の溝コブでも確実に逆ひねりを入れていただく必要があります。

ただしあまり大袈裟にやると、滑りそのものがヘンテコになってしまう可能性があります。
そこで私がお勧めするのが、下を見る方法。

削った結果、向かうべき溝の底を見るのです。

この時、首を外向に傾げてブーツ付近を見るような姿勢になるかとは思うのですが、この首を傾げた姿勢がまさに逆ひねりの動作となります。

故意に腰をひねって捻るのとは違い、捻られているのは頭だけ。
しかし間違いなく迎え角が増大してブレーキが強まっています。

その証拠動画がこちらです。



下を見ることでスキーは正しく溝の底をめざし、そして確実に着地するのです。

ぜひお試しください。

★ 2015シーズン講習一覧

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク