【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
トップをずらすとは?? 
先日ネットのコブ解説記事にこんなものがありました。

コブの滑り方はとにかくトップをずらすこと。

大体スキーの技術解説の語彙の貧弱さには呆れるばかりです。

トップをずらすとは言い換えるなら

スキーの先端の広がった部分を雪面に押し当てて減速を行う

ということになります。何でもかんでも

ずらす、ずらす。コントロール、コントロール。かんたんな概念の言葉をわざと難しい「専門用語」を使おうとするのはイケマセン。

横にずらすのではなく縦にずらす

などという表現を使う人もいますが、翻訳しなければ理解できないのなら、はじめから理解できる日本語で語るべきでしょう。

高等なテクニックを持つ自分に酔っているのかのような、独りよがりの言い回しはくれぐれも避けるべきです。

コブにおいてはマルイコを描くのではなく、ブレーキを掛ける。

ターンする

から

ブレーキを掛ける

に意識を変えることでどの程度変化が起こるか、実例を2つご紹介しておきます。











「ターン」すると、初歩の段階では、ウチアシがコブの腹を削るとき、往々にしてエッジが突き刺さって、カービング挙動を示しながら、前に進んでいき切れ上がるような挙動を示しがちです。

しかしこの時、切れ上がって足がばらけそうになるウチアシをねじ伏せることでよりブレーキが強まります。

この時一番顕著に現れるのはいわゆる「トップがずれる」挙動。

つまり、先端が広がったカービングスキーの形状によって、トップ部分が雪面に接触しながらより強く削られる動きが現れてきます。

ブレーキを強める意識をもつと、自然と開いた足が閉じられ、削る運動がハッキリを見られます。結果、速度がガクンと落ちるのが実感できるのです。

★ 2015シーズン講習一覧

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村

スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク