【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
ハッキリ言って有害映像ですよ(^_^)
SJ誌3月号のDVD見ました?

有名デモの

ショートターンベーステクニック

申し訳ありませんが、ベースでもなんでもありません。
これはダメ、あれもだめ、こんなのもダメ。

何でもかんでもダメダメダメ。

この映像に限ったことではありませんが、なぜダメなのか?
その理由が全く明示されないのがマニアック基礎スキーが民衆から毛嫌いされる最大の要因です。

よくある逃げ向上

検定の合格パターンは一つではない

と大義名分を述べておきながら、徹底した重箱の隅をつつくダメ出しに終始。結果的にスキーヤーから自由を奪い、多くのまじめで従順なスキーヤーに硬直した滑りをもたらしてしまっています。

テールを押し出す滑りがBAD


外腰が外れた滑りがBAD


動きを止めてしまった滑りがBAD


重心が山側にある時にストックを突いてしまっているのがBAD





しかしコブ滑走をマスターしたい人にとっては、BADとされる滑りは大いに歓迎されるべき運動となります。


テールを押し出すからコブの底で最大限のブレーキが利きます。

外腰を外して逆ひねりを作るからブレーキがかかります。

動きを止めるから切り替えが可能になります。

重心が山側にあるから、ストックを突き刺して重心を強制移動させてターンにつなげます。


BADとされる滑りはいずれもオーソドックスなウェーデルンの操作の根本であり、コブ滑走のベーステクニックとなりうるものです。

ターンに入っていくときにカカトよりに軽くストックを突く


とのことですが、この動きに何か狙いはあるのでしょうか?
何のためにストックを突くのでしょうか?

ほとんど意味なしです。

あえて言うなら、プライズ検定でジャッジに媚びるためのベーステクニックとでも申しましょうか。

以前も申しましたが、一度癖をつけてしまうとなかなか改善されないのがストックワーク。
ひとたびこのような振り付けをマスターしてしまうと、コブ不能スキーヤーになり下がってしまうだけです。
全てのターンが遅れ、ひたすら暴走寸前のバンク滑りしか出来ないスキーヤーになります。

超上手い人は整地ではソフトタッチ、でもコブでは猛烈な勢いと強さでストックを突き始めます。
技術の使い分けが自由自在なのです。
しかし多くの一般スキーヤーはその使い分けが出来ません。なので、このようなカカトよりにタッチするなどと言う無意味なストックワークは真似するべきではありません。


全ての運動には何らかの目的、狙いがあります。
やってはいけない運動には何らかの理由があってNGとされるものです。

上記で示されたBADな滑り。滑走を楽しむうえで何らかの実害があるのでしょうか?それとも何か特別な良くない理由があるのでしょうか?

ハッキリ申しまして

理由などありません

あれほど自然で楽スキーが否定され、外腰のアングルだの、ひねりだの押し出しだの、連呼してきたこの1年間。
随分と矛盾していませんか?

どうかこれ以上まじめで素直なスキーヤーを陥れるのはやめていただきたいものです。

コブ滑走研究所所長的には今号の付録は「有害映像」モノ。見ない方がいいです。上達の目を摘み取られてしまうだけですから。。。。。


★ 2015シーズン講習一覧

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村

スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク