【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
当研究所の受講資格についてもう一度
ワタシは受講する資格があるのだろうか?

そんな疑問をお持ちの方も多いと思われます。

基本は

整地の小回りが難なくできること

であります。

小回りとはもちろん「パラレル小回り」を意味します。

もう少し詳しく定義しますと、「ソトアシに重さを乗せてパラレルターンが出来る」ということになります。

例えば自然で楽スキー時代に主流となった導入時における「粗野なパラレル」は、残念ながらパラレルではありません。

この粗野なパラレルとは、両スキーのテールを軽く開いて、身体の傾き&進行方向へ上体を回転させることによって角付けを生じせしめ、スキーの旋回を導くものです。

普通の人間がこれをやると、まず谷側にある支えとなるソトアシの角が一瞬立って旋回をはじめ、その直後に後を追うようにウチアシの外エッジが立って旋回をはじめます。
低速でこれをやると、ソトアシとウチアシが旋回を始めるまでの間に一瞬タイムラグが発生し、両スキーが同調することはなく、常にテールが一瞬開くシルエットを示します。

このターンは非情なことに「かかと荷重」であっても全く問題なく行うことが出来ます。つまりお尻が落ちた「後傾」であっても楽々可能なのです。

実はそこに大きな落とし穴があるのではとワタシは考えています。

確かに2泊3日の修学旅行生がこの技法を駆使すると、わずか1日でとてつもなく上達したような気分になります。緩斜面であればどこでも自由に滑って行くことが出来ます。楽々回転することができます。

しかし、それはあくまで「粗野なパラレル」であり、真のパラレルではありません。

コブでは全く役に立ちません。

コブでは「真のパラレル」が求められます。
カカトに重さが残った状態では瞬時の切り替えにおいて大きな足かせとなります。
無駄な直進を招くターン操作のタイムラグは一切許されないのです。

例えばこのような滑りの方の場合。
上半身の回転によって強引にスキーを回している例

残念ながらこれはパラレル小回りと言うにはかなり無理がある感じです。個々人の運動能力によってはコブでの連続ターンにつなげられる可能性もありますが、多くの場合は大きな挫折感を味わう可能性が大です。

ワタシのターンは果たして「パラレル小回り?」と疑問に感じられましたら、一度ご相談ください。
綿密な問診をさせていただき、受講資格有無についての判断をさせていただきます。

逆にどの程度のハイレベルまで対応できるのか?

ということについてもお答えします。

動画でお示しするならば、この程度の方は十分に受講資格があります。
バンク系オンリーの滑り


バンクでの「回し込み」に傾注しがちでブレーキ操作が甘い方、テクニカルさクラスであっても、ストックワークの遅れによって縦のラインを削ることのできない方もまた受講対象です。
先落としが出来ずに困っているという方もまた喜んでお引き受けいたします。

★ 2015シーズン講習一覧

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク