【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
ずらすのはダサいと思わせる節があるような。。。。
いつも思うのですが、回し込んでばかりで「ずらせない」スキーヤーが本当に多いことか。

ずらしたくでもずらせないならまだしも、ずらすことへのアレルギーがあるのならこれはかなり問題です。


どんなに上手い人でもコブの底に確実に着地していることを見逃してはイケマセン。
ずらし方には違いはあれど、最後までずらし続けることが重要です。

ところがどうやらスキー界にはずらすことをカッコ悪いことだと決めつけてしまっているきらいがあり、問題です。


ズルズルドン


この言い方、かなりズラすことをレベルの低い動作であるかのような言い回しですよね?
下手くそスキーヤーの専売特許みたいな雰囲気、嫌ですね。

かの丸山貴雄もとある雑誌の記事でこんな風に述べています。


「コントロール」というと一見消極的なような印象を持つ方もいらっしゃると思うのですが云々。


ズラすことが消極的な運動であると吹聴したのは、実は丸山氏本人も含めて、世に存在するエキスパートなイントラ軍団ではないのかと思うこの頃。



最初はゆっくりでいい



などという指導文句も非常に頻繁に聞かれますが、その言葉の裏には、



俺は上手いから普段はゆっくり滑るなんてことはしないけれど、君たちは下手くそだから、最初はゆっくりでいいよ



的な、妙な上から目線を感じてしまうこの頃。


しかし、そもそも「下手くそ」はゆっくり滑ることができないことに気づいていないエキスパートの勘違いはどうにかならんものでしょうか?

そもそもズラシなくしてはコブ滑走は有りえません。

左右交互の連続ブレーキによってコブ滑走は成り立っています。


バンクでは決してずらさず


などと数年前の雑誌記事で言い放った有名デモの「失言」は決して許されるものではなく、カッコつけるばかりでまともな指導が出来ずにいる世の似非指導員には大いに反省していただきたいものです。

1級の検定種目にコブ滑走が存在する限り、どんな指導員であっても的確にコブの指導が出来なくてはなりません。



★ 2015シーズン講習一覧

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク