【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
言いたい放題ですが、それはすべて自らの経験と成果に基づく発言ですので。為念(^_^)
スキー関係団体、クラブとは一切のしがらみのない私ですので、毎日言いたい放題(^_^)の講習です。

教えるすべを人に習ったことはほとんどありません。
研修会などにも参加したことがありません。だれから影響を受けていない、ほとんど全てが自己流の指導法です。

他と同じアプローチの講習ならば、きっと成果も同じになるはずで、コレ程の成果は得られません。
でも繰り出されるトーク、指導方法がよそ様とは違うケースが多いからこそ、参加されたゲストは一様に驚き、でも喜んでくださいます。

中村流トークの数々(一部抜粋)

コブが出来ないのに一級を受けてはいけません。お金をドブに捨てるも同然です。
二週連続の受講は御断りします。効果はありません。
スキーの曲がり方は104年前に「レルヒ少佐」が教えてくれました。
一本杖が2本のストックに分かれただけの話。
せっかくそんな棒を持たされているのだから、その棒を曲がることに使いましょう。
ストックによるターンは公園の手漕ぎボートで左右に曲がるときにオールを水中に突っ込むのと同じ理屈です。
コブは結局のところ左右交互にブレーキを掛け続けるだけの話。
ターンコ云々など全く関係ありません。
ブレーキを適当にかけていさえすれば、コブの形に従って丸い軌跡が勝手にできます。
切り替え時に無駄に直進しているからすぐに加速して脱線してしまうのです。
切り替えはストックによって自動的に行う感覚を最大限活用しましょう。
足をイチイチ回してターンしようとするから遅れるのです。
スキーが回転し始めるまではストックを突きさしたままにしましょう。
ストックに頼っているからこそハードでピッチの狭いコブでターンが可能になるのです。
ストックを突いて回すのではなく、ストックに回されてください。
回し込む小回りなど、検定でしか役に立たちません。素人は単に暴走するだけです。
そもそも小回りは急斜面でブレーキ頻度を増やすことで減速し安全に滑り降りるための方法でした。
もっとテールを振り回してブレーキをかけまくった方が何かと得なことが多いです。
ストックを突くとブレーキ要素になると言うが、そんなものは根拠のない戯言です。
「ブレーキ」になるのならSL選手はポールにぶつかりながら滑るのもブレーキになりますよ(笑)
仮にブレーキ要素だとして、それによって何か損することがありますか?ないですよネ。
ターンするときにスキーの引き戻しをぜひやってください。
引けばテールが軽くなって、荒れた斜面でも楽々回すことができます。
さらにコブでは引き戻し動作が先落とし動作につながります。
引くと抜重のようなシルエットになります。もしどこかでウマイ人に「抜重要素がイケナイ」と指摘されたら、「抜重しているのではない。引き戻しをしているだけだ。何が悪い?貴方もゼヒやってみるべし」と反論しましょう( ^ω^ )


まだまだありますが、今日はコレ位で!


★ 2015シーズン講習一覧

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村

スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク