【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
その動きにどんな狙いがあるのか、説明をすべき
ああしなさい、こうしなさい。
スキー指導は往々にして一方的です。
人の志向を無視した、検定用滑りが押し付けられているように思えてなりません。

ストックはブーツの横に軽くタッチ
決して強く突いてはいけない
腰高のポジションは良くないので、足をまげて滑れ

よくある指導文句ですが、指導を受けている人がそこで考えるべきは

ナゼ軽くタッチしなくてはならないのか?それによってどんなメリットがあるのか?
強く突くと何かまずいことがあるのか?スキーを楽しむうえで何か不利益があるのか?
足を曲げて滑ると何がイイことがあるのか?

そこまで突き詰めて考え、逆に問い返してみるべきです。

スキーの先生は偉そうな人が多く、とてもそんな雰囲気じゃない。

とおっしゃる方も多いのですが、お金を払って講習を受けているのはお客である貴方なのです。
質問して何が悪いのか?

悪くありません。

もしワタシがどこかのスクールに入ってレッスンを受けたとします。


貴方はストックに頼って滑っている。しかもそれはかなりのブレーキ要素になる。
やめたほうがいい。

頼ってはいけないのですか?じゃあなぜストックを持たされているのですか?
デモの人たちもコブではかなり強くストックを突きさし滑っていますよ。


ブレーキになると言いますが、なぜブレーキになるのがいけないのですか?


スキーは前に滑らせるものだからです。

じゃあ直滑降してればいいではないですか?

わかった。好きにしてくれたまえ。

あと君はかなり腰高で滑っている。もっと足をまげて滑ろう。

対してスピードも出ていないのに、わざわざ足を曲げるなんて、お尻が落ちて後傾になってしまいますよ。
空気椅子に座らされているみたいで、疲れるんですけれど。

曲げて滑ると何かいいことがあるのですか?

。。。。。。。


結局は誰かの受け売りがまかり通るスキー指導業界。決してそれがすべてではありませんが、根拠のない技術論があまりに多すぎるような気がします。

少なくともこの10年のハイブリッド時代には。

お疲れさんです。(^_^)

★ 2015シーズン講習一覧

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク