【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
ターン中は足を伸ばして強い除雪抵抗を作り出しましょう
コブの滑り方。

それは結局のところ左右交互のブレーキ操作でしかありません。

上手い人はヤタラメッタラと「ターンコ」という表現を使いたがりますが、超急斜面と緩斜面、平坦地、はたまた上り坂。
あらゆるシーンがめまぐるしく目前に現れては過ぎ去る、いわば滑走者にとっては「危機の連続」なのであります。

なかでも最大の危機は瞬間最大斜度60度、いや70度にも及ぶコブの落ち込み部分。

その超急斜面をいかにしてクリアしていくかがスキーヤーに課された最大の使命なのです。
超急斜面という「危機」を回避する方法、それはつまるところ。ターンコを描くのつまさなく、「ブレーキを掛ける」ことに尽きます。

その危機でもし何もせずにいると、スキーは減速することなく前に向かって進んでいってしまいます。
暴走&コースアウトです。

超急斜面をクリアする方法はいくつかあります。
バンクの面にスキーを強く押し当てテールを振るように押し出す方法。

しかし既述の通り、この部分でブレーキを掛けるのはかなり高等なテクニックといえます。
多くのスキーヤーが「回し込む」滑り方としてコブ攻略のひとつと捉えていますが、実際はターンはできたとしても定速操縦は難しいものです。ましてやアイスバーンともなると、とんでもない恐怖がスキーヤーを襲うことになります。

そこでコブ攻略法の超大原則ととらえる「コブの裏側をいち早くとらえ削り(ズラシ)、ブレーキを掛ける方法です。

しかしその方法が意外と難しかったりするものです。

もし普段から足をまげてお尻が落ちた状態で滑っている方は、なかなかうまく削ることができないかもしれません。
お尻が落ちてしまうと、積極的に力を加えてズラシ削ることはかなり難しいといえます。
かかとに重さが乗った状態ですと、ズラシ要素よりも推進要素が強くなってしまい、コブの底へたどり着くことなく、横ずれをともなうことなく、前へ前へとスキーが運ばれて行ってしまうのです。

しかももともと足が曲がった状態でターンに入ってしまうと、コブの底に着地した時、その衝撃を吸収するための「曲げしろ」が全くない状態となります。

つまり身体全体が潰され、外に向かって弾き飛ばされる以外に道がない。そんな状態に陥ってしまうのです。

その象徴的なシーンです。 Nさま3月21日午後



21日午前のテスト滑走時は1ターンで即アウトでした。

今日は「潰される」動きがかなり影をひそめ、強く積極的な削り運動がかなり出来るようになりましたよ!

というわけで本日の金言

ターン中はしっかり足を伸ばして自らの脚力で雪を削りまくる

よろしくお願いいたします。
★ 2015シーズン講習一覧

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク