【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
お客様の声続々
シーズン終盤に差し掛かり、私の講習にもますます力の入る今日この頃。
喜びのメールが次々寄せられています。

間もなくシーズン終了ですが、今季お供してきました200名様以上の滑走姿が走馬灯のように思い出されます。

====

XXまでコブレッスンお世話になりました、Xです。

丁寧な分かりやすいご指導ありがとうございました。

どうすればうまくいくのか、出来なかったとき何がダメだったか、自分ですぐ反省できるくらい、コブを攻略するのに必要な事柄を理解することができたように思います。

動画を見ることで自分の弱点、悪いクセなどがハッキリ確認できたので、今後特に意識して改善し、よいクセを身につけるべく自己練習を重ねたいと思います。

あの後、鉄は熱いうちに打て!と思い1本コブの連続ターンにチャレンジしたのですが、自分でも驚くほど連続ターンを継続することができました。

ストックを中心にターン(回転)し、削ってブレーキ&スピードコントロール、と同時に上体を次に削る部分めがけて森進一(逆ひねり)⇒溝の底に着いた瞬間膝の吸収動作&ストックワーク⇒ストックを中心に回転、以下繰り返し、を体現することに成功しました!

まがりなりにも初めてコブを攻略したという達成感が込み上げてきて、今でも大変興奮しております。

1ターン、2ターンを大事に丁寧に反復訓練することが、これほど重要なのだと実感した瞬間でした。

まだまだ荒削りな部分がありますが、おかげさまで今後につながる貴重な体験をしたと思っております。



あと、今日の最後の1本で気が付いたことなのですが…。 

自分は溝の底で足が棒立ちになったままで膝で吸収する動作に乏しかったのですが、溝の底で膝吸収ができると、膝が曲がった分だけ上体や肩が地面に近くなるので(←当たり前ですけど)同時に行うストックワークがより力強く、早く、体重を込めることができるため次の回転がきちんとしたものになることで削りも十分沢山できるのでスピードがコントロールされ慌てずに継続してコブに挑んでいける態勢を崩さずにいられるのです。

たったひとつの弱点を改善するだけで、コブ滑り全体に大きく影響するものなのだなぁと改めて実感した次第です。

本当にありがとうございました。

★ 2015シーズン講習一覧

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク