【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
似非 「おもてなし」を斬る
誘客のマストアイテムの如く溢れる標語「おもてなし」。

この本を読むと、それが十分な定義もなされず、虚言と化していることに気づかされます。

デービッド アトキンソン
新 観光立国論




観光に携わる者として、目からウロコでありました。
いや。日本国民ならば、読む価値のある一冊と言えます。

ナゼ日本は観光後進国なのか、それをどう変えていけば良いのか。
スローガンと化した「おもてなし」という実体のハッキリしない抽象語ばかりが飛び交う昨今のトレンドをメッタ斬りにしています。

おもてなしどころか、経営者のご都合主義の多すぎる日本流サービスの欠点を鋭く指摘し、地方でまかり通る現金主義、次々に破壊される街並みや伝統建造物などに嘆く筆者。

観光の主たる対象物となるものは

自然
文化
気候


であるはずが、観光の主たる対象物に成り得ない、鉄道の定時性、意味不明な「おもてなし」など、枝葉にばかり傾注する日本のトレンドに痛快な程にクギを刺しまくっています。


おもてなしとは、「対価を求めない、日本らしい、細やかな配慮」

とのことですが、確かにこれを日本固有の接遇と説明することは困難です。


行ったことのある方ならご存知でしょう。
韓国人や台湾人も多くは観光客に滅法親切です。
アメリカもしかりです。

色々なところで論じられている「ホスピタリティー」と「おもてなし」の違い。
実は大した違いなどないのです。かりにあっとしても、その僅かな差について論じたところで、来訪者が得るものなど殆どないのです。

他国とは異なる「おもてなし」精神が、まるで多くの日本のサービス産業に深く浸透していて、それが固有な接遇形態であるかのようなひとりよがりな押し付けが海外メディアの反感を買っているとも述べています。

筆者の論を借りるなら

現金払いしか受け付けないスキー場
英文サイトのないスキー場
ナイター営業のないスキー場
安ホテルばかりのスキー場
英語対応が不十分なスキー場


こんなスキー場ですが、「外国からお越しのゲストに精一杯のおもてなしをさせて頂きます」は全く通用しないということです。

著書のなかで、筆者は「ニセコ」を絶賛しています。
しかしどこもかしこも「ニセコ化」する必要はないと思います。しかしせめてカード払い位は対応しないことには、おもてなしもヘッタクリもありません。

「現金主義もまた日本らしさ」

との向きがあるとするなら、それは単なる鎖国主義であり、守るべき文化でも何でもありません。

「手数料が惜しい」

などと言う事業者にはそもそも「おもてなし」などと言う資格すらありません。


何処ぞ誰かが、観光立国として必要とされる要素

国の知名度
交通の便利さ
治安の良さ

を挙げていますが、これからが根拠のない虚言であることも明らかにされています。

もしこれからが本当に外国人誘客の必須条件であるならば、ニセコよりもガーラ湯沢に外国人が溢れかえるはずです。

北陸新幹線に乗り込むオーストラリア人は、飯山までアシを伸ばすことなく、はるか手前の軽井沢で新幹線を降り、軽井沢プリンススキー場を目指すでしょう。

しかしそんな現象が今後起こるとも思えません。

クールジャパンなどで頻繁にネタされる
正確極まりない運行ダイヤの鉄道など、外国人にはあまり関係ないのです。
鉄道ファンの視点からするならば、日本の新幹線が15秒単位で正確に走ることを自慢を出来ても、運賃のリーズナブルさやシートの座り心地、静粛性、快適性において欧州先進国には負けています。
インターネットで指定券が買えない時代遅れな仕組みにウンザリしているはずです。

治安が良いに越したことはありませんが、治安の悪いフランスのパリは、世界一の観光地として確固たる地位を築いています。

日本が元々持ち合わせている上記三要素を持ってして「観光立国の必須条件」とは、あまりに世間知らずなひとりよがりな論です。
元々持ち合わせている優位点をあげて陶酔しているに過ぎません。

提唱した本人は個人海外旅行の経験があまりないのでしょうか?

もし上記三要素が正しいなら、来季、新幹線飯山駅に一番近い木島平スキー場により多くのオーストラリア人が押し寄せるはずです。しかしそれは天と地が逆さまになったとしてもあり得ず、文化、食、自然を満遍なくカバーする野沢菜温泉が益々賑わうことは誰から見ても明らかなのです。


★ 2016シーズン講習一覧

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村

木島平コブ滑走研究所とは?

当研究所主催の講習の5大特長

必見★当研究所の受講成果一例

参加者の喜びの声
スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク