【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
傷病外国人の対応について考える
先日、パソコンに向かって、ウチの英文サイトの改定作業に没頭していたさなか、回診がありました。


あれ?英語?何やってんですか?

ウチの宿ホームページですよ

外国人来るんだ。

来ますよ。オーストラリア人が沢山。

日赤も益々増えますよ、救急外来。(^^)

いやいや、困ってんですよ。こっちは片言の英語で悪戦苦闘で。

助けて下さいょ。ホント。


先生、かなり切実なお悩みのご様子でありました。
聞くところによると、飯山赤十字病院は野沢温泉を含む飯山地区はもちろんのこと、志賀高原でのスキー負傷の救急外来を受けているとのことです。

志賀高原の麓、中野市には飯山赤十字よりも規模の大きい北信総合病院がありますが、整形外科医の配置が少なく、怪我人はみんな此方に搬送されるとの由。

新幹線開通で益々外国人が増えると予想されるいま、病床数300と、あまり広くはない飯山赤十字病院に怪我人の対応を丸投げしてしまうのも、シロウトながらどうかと思います。

稼ぐだけ稼いで、怪我人ハイヨロシク!では病院側としても余計なストレスの種になりかねず、かなり同情の余地ありです。



シーズン前に、スキー場関係者との間で外国人救急外来についての話し合いとかないんですか?


今の所ありませんね。病院側から申し入れすればいいのだけれど、なかなかそれも出来なくて。

迎え入れるだけでなく、万が一の時の「トータルアシスト」こそが、本当のおもてなしではないかと思うのです。




私が四月に経験した、アメリカ ペンシルバニア州 カーライル市での外来診療付き添いのこと。
異国での病気&怪我ほど心細いものはありません。

ピンチに陥った時の手厚い補助。間違いなくそれは外国からの来訪者にとって忘れられない最高の接遇となるに違いありません。

チョット働きかけてみますか(^_^)

★ 2016シーズン講習一覧

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村

木島平コブ滑走研究所とは?

当研究所主催の講習の5大特長

必見★当研究所の受講成果一例

参加者の喜びの声
スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク