【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
「ズルズルドン」が抜けない人はおそらく。。。。
ズルズルドン

コブの初歩段階のすべりとしてよく表現される言い回しです。

コブの落ち込みに差し掛かるまえに完全にスキーを横向きにして強く横滑りをさせてコブ底にたどりつく、そんな手法です。
コブがなかなか上達しないというスキーヤーの中には、ズルズルドンから抜け出せないと悩む方が非常に多いように思います。

スキーを横に向けるという動作は、人間の心理をかんがみるならばいわゆる防御反応による危険回避動作といえます。

私の経験では、ズルズルドンから抜け出せないスキーヤーは、かなりの確率で分相応でない「急斜面」ばかりを滑っている可能性が大だと考えています。

急過ぎて怖いので、まずはスキーを横に向けて真っ先にブレーキ姿勢を作ってしまう~
そんな無意識の防衛反応が真っ先に現れてしまっています。

「ストックを突く」という癖ができていないスキーヤーにも同様の症状が非常に多く見られるようにも感じます。
ストックを突かなければ、急な落ち込みに対して積極的に体を落下させることが困難です。
逆に言うならば、ストックを前方に強く突き刺すからこそ、落っこちそうになる体を支えることが可能になります。
スキー初心者がストックを突き刺し暴走を食い止めようとするあの原理です。

一見タブー視されるあのストックの使い方が、コブでは有効に作用します。

ストックを突き刺すことで前進して行こうとする身体を強制的止めて向きを変え、一気にスキーを回転させるのです。
それができればどんな急斜面であっても「ズルドン」ではない回転弧を描く運動にならざるを得ません。

コブ斜面=急斜面と思いがちですが、急斜面ばかりやっているとロクなことがありません。
たとえば志賀高原熊の湯スキー場のベース部分に乗り場があるペアリフト左のコブ斜面。
DVD撮影などでも頻繁に使用される斜面で、手っ取り早そうに思えますが、発展途上にあるスキーヤーがあそこに突っ込むのは無謀です。
4月に出かけた際、その前日にデモによる撮影が行われていたそうですが、スキー場スタッフによると、彼らは一様に

あれは手ごわいわ

などとつぶやいていたそうです。
エキスパートでさえ気合が求められるコブ斜面で、コブ初中級者が満足な練習ができるはずもありません。

スキーの練習に見栄は不要です。

コブの上達を目指すならば、25度未満、できれば20度未満の緩い斜面をみつけて徹底的に練習するのが先決だと私は思います。

斜度はさほどでもないけれど、ものすごくえぐれている。

そんな斜面をまずは徹底的に練習するのが上達の早道であり、コブの楽しさを実感できるものなのです。

その点、木島平は最高のコブ練習環境にあるのではないでしょうか。
一列だけの溝コブですが、上から下まで合計75ターン。

来期もまた木島平は初心者のコブ道場として賑わうことでしょう(笑)

★ 2016シーズン講習一覧

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村

木島平コブ滑走研究所とは?

当研究所主催の講習の5大特長

必見★当研究所の受講成果一例

参加者の喜びの声

スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク