【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
英会話を覚えるために「S+V+O+C」だの「関係代名詞」だの用語を暗記する必要なし
SAJがやたらめったら難解な用語を連発するのは、指導員検定のペーパーテストのためではないかとふと思うこのごろ。
きわめて簡単な運動論を小難しく仕立て上げ、それぞれに用語を命名。

「主導」だの「従働」だの、ATOKで変換できない新たな用語を次々生み出しては試験問題のねたにしているように思えてなりません。

今年は

動的内傾促進

が脚光?を浴びているようですが、そんな用語をわざわざ作り出す理由がまったく理解不能です。
教程とは何なのか?スキーを楽しませるため、普及振興に寄与するために存在しているはずなのに、こうした造語を目にするにつけ、その存在理由はともすれば指導員検定を受ける人たちを悩ませるためなのではとさえ思えてきます。
いや、きっとそのものなのでしょう。

検定の合否基準が不明瞭だと文句が出たとき、とあるスキースクールでは

これはあくまでSAJの教程が基準となっています

と保身に走ったとか。

大体、教程など内輪だけの話にしておくべきであり、レッスンを受ける一般スキーヤーに対して「ニジク」だの「ハイブリッド」だの、どうでもよかったのでは?

義務教育の児童生徒に向かって、文部科学省の学習指導要領云々についてわざわざ解説する先生が存在しないのと同じく、イントラの使命はただスキーを習う人をただ上達させるだけでいいはず。
なのに、特に「上級者」やエキスパートに対しては、とにかく回りくど、くゴチャゴチャ理屈ばかりを捏ね回して窮地に追いやってきたのではないかとさえ思う今日この頃。

教程に縛られた無意味な振り付け指導がそのような不合理性を生み出してきたことは間違いありません。

英会話を上達したい人間が「S+V+O+C」だの、倒置法だの、関係代名詞だの、そんな用語を覚えたところで何の足しにもならないのとまったく同じく、スキー上達を願う一般庶民に「動的内傾促進」などどうでもイイ話であり、指導する上でもさしたる意味はありません。

簡単には上達しないスキーですが、理論そのものが難しいわけではないのです。
コブとて同じです。

★ 2016シーズン講習一覧

木島平コブ滑走研究所とは?

当研究所主催の講習の5大特長

必見★当研究所の受講成果一例

参加者の喜びの声


★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク