【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
受身ではいけません。目的を明確にお願いします。
スキースクール好きの貴方にお尋ねします。

レッスンを受けるとき、なぜ受けるのか。そこから何を得ようとしているのか。明確にしていますか?

もっとうまくなりたい

じゃ駄目なんです。

うまくなりたいからとりあえず先生に自分のすべりを見てもらって指摘されるのを待つ。
そんな方もいらっしゃると思いますが、それはイケマセン。

特に自称上級、エキスパートとされる方々は、目的意識をはっきりさせることが重要です。
たかだか2時間、4時間のレッスンで得られることなど知れています。

もともと上手い人が、いざスクールの門をたたくとき、受け持つイントラの中には「こんなに上手いのに、何を習いに来たのか?」と心の中でつぶやいている人も必ず存在します。

なので、つぶやかれる前に

「俺はそこそこ上手と思っているんだけれども、XXが苦手。XXができているようで、出来ていないようにも感じられるので、そこのところをしっかり見てほしい」

と告げるべきです。
たとえグループレッスンであっても、講習前にそれをしっかりとイントラに伝えましょう。

まずは集合してからリフトに乗るとき、真っ先にイントラのあとをつけて、一緒にリフトに乗ることを目指します。3分なり5分のリフト乗車中に、しっかりと自分の「めあて」を伝えるのです。
とにかく最初が肝心です。嫌がられない程度に最初だけ「ストーカー」になってみてはいかがでしょう。

ウチの場合でもお申し込み時に必ず「問診」をさせていただいています。

初級者コースなら、コブ滑走レベルを詳しく。
中上級者コースなら、受講したいその目的を。

単にプライズを受けたいという人から、指導員資格を持っているもののコブをどうやって教えたらいいのかわからないという方まで。

しかしワタシの講習の大前提は、初級者も上級者も、

コブを滑る原理

についての理解を深めていただくことです。

その原理とはつまるところ効率的なコブの滑り方であり、コブを滑り降りる上での最も普遍的な原理でもあるのです。それは万人に共通した根本原理となります。

上級者向けテクニックだの、初級者限定テクニックだの、いろいろ唱えられていますが、そんなものは単なる枝葉にしか過ぎないのです。

★ 2016シーズン講習一覧

木島平コブ滑走研究所とは?

当研究所主催の講習の5大特長

必見★当研究所の受講成果一例

参加者の喜びの声


★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村


スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク