【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
スキーの性能を引き出す??
超封建的体制が色濃く残る基礎スキー界。研修会に行けば上手い人が若造を捕まえて威張り散らかし、どんなに上手いデモクラスであっても教育本部の役員に対して物が言えない空気があるのもまた確か。

今思えば奇妙極まりない発言としか思えない


不整地小回りだけがすべりの進化から取り残されている


とまじめに語った、ハイブリッド提唱者の似非スキー科学者がいましたが、合宿所の風呂場でデモンストレータに向かって

せいぜいスキーについて勉強してくれたまえ

などと偉ぶったそうな。


「上手い人が偉い」というのが基本的図式ではありますが、肩書きはそれをも超える「権威」であり、「何言ってんだ?こいつ!?」と心の中で思っていても決して口外できないのがこの世界だったりします。

こうした風土が、上意下達を生んでいるのは間違いがなく、指導員研修会で流布されたことがらをそのままレッスンで語ってしまうイントラが少なからず存在することがまた多くの弊害をもたらしています。

パラレルもおぼつかない2級未満のスキーヤーに向かって

ハイブリッド!!
ラッカ!!

と連呼したり

ウチアシ!
ニジク!

などと、基本を無視した振り付け指導に走る人もあちこちで見られた由。

多くのスキーヤーはただ黙って聞いているだけなのですが、熱心な人はあれこれ楯突き質問攻めに出ることもあります。

なんでウチアシなのですか?
怖いんですけれど。どうしてこんなすべりしなくてはならないのですか?

技術論について、噛み砕いた理解の出来ていないイントラは、ついついこう口走ってしまいます。

スキーの性能をより引き出せるからですよ

これもまた一流逃げ口上として頻繁に使われていました(今でも使われています??)

しかしこの言い分にワタシは猛烈に違和感を感じます。

スキーの性能を引き出すのではなく
スキーを使って自分の技術を引き出すのです

「スキーの性能を引き出す」という表現は往々にして

「スキー板に乗らされている」
「スキー板ににすき放題してやられている」

ということになりかねません。

スキーはあくまで自分が支配するものでなくてはなりません。

ましてやコブにおいてスキーの性能を引き出すなどという考え方はまったく当てはまりません。
暴れる板をいかにして押さえつけ自分の支配下に置くか。
いかにスキーが命令に対して瞬間的に反応してくれるか。

それが大事なのです。

★ 2016シーズン講習一覧

木島平コブ滑走研究所とは?

当研究所主催の講習の5大特長

必見★当研究所の受講成果一例

参加者の喜びの声


★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村


スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク