【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
どうしてそこまで斜に構えているのか(笑)
基礎スキー界に対して徹底的に斜に構えているように見えるワタクシ。
そう思われても仕方ありません。
だって、実際そうなんですから(笑)

コブができずに困っていた頃は、そこまで酷くはなかったように思えます。
とにかくあらゆるメディアを物色して、かつ信頼して研究していましたから。

しかしある程度コブができるようになってからは、世に流布される指導論が相当イカれているなということに気づき始めました。

上手いスキーヤーが好き勝手に「自分の感覚」を、まるで自己陶酔するかのような解説(怪説)に終始し、世のスキーヤーを困惑に陥れているのに気づき始めました。

気がつけばスイスイ滑っていた

そんな根っからのスキーヤーには初心者目線で的確にスキー技術を教えるすべを持ち合わせてはいません。
しかし「肩書き=権威」の基礎スキー界はそうしたハイレベルなスキー技術者をイコールハイレベルな指導者として位置づけてしまいました。
タダスキーが上手いだけなのに、まるで自分が有能なスキー指導者になったかのような錯覚をことごとく植えつけてしまったのでした。

でも彼らの多くに本音を言わせれば、「実は俺は下手な人の気持ちが理解できない」と言うに違いありません。
でもそれは公には絶対言ってはならないことです。

なので指導員研修会なるものが頻繁に行われ、上意下達式によってモデル指導法が毎年のように制定されるのです。

もちろん、指導研究に熱心な、独自の即効指導法をもつ有能なイントラさんも沢山存在します。
しかしそうした名物指導員はあくまで「知る人ぞ知る」であり、メディアを賑わす基礎スキー界の頂点に君臨する人たちは、実は名物指導員ではないケースが多いものです。
あくまでタレントスキーヤーであり、タレント業(技術選の練習、合宿、DVD撮影等)の傍ら、スキーマニア相手のスペシャルレッスンに甘んじているケースが少なくないのです。

実際、雑誌の技術解説を理解できる人が果たしてどれほど存在するでしょうか?
抽象的かつ観念的記述に終始するばかりで、一端のスキーマニアのワタクシでさえほとんど理解不能です。
ことにここ数年の体たらくぶりにはあきれるばかりです。

もう少し簡単に説明できないものでしょうか?
スキー技術というのはそこまで複雑なものなんでしょうか?

ホント不思議ですね。この世界は(笑)

★ 2016シーズン講習一覧

木島平コブ滑走研究所とは?

当研究所主催の講習の5大特長

必見★当研究所の受講成果一例

参加者の喜びの声


★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村

スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク