【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
検定攻略専門雑誌を買ってみた
今日のスキー場オープンは叶いませんでしたが、気分は着々盛り上がりを見せています。

遅ればせながら検定攻略専門雑誌を買ってきました。何?検定攻略専門?

スキーグラフィックのことですよ。


タイトルだけは大袈裟で東スポ的(^_^)

例によって、合格者と不合格者の連続写真を並べてあーだこーだと不合格の理由を書き並べていますが、多くの場合、枝葉末節の上辺の「振り付け」でしかなく、アドバイスにはなっていません。

少なくとも、ココには挙げるケースには不合格の原因などは存在せず、単に時期尚早。ブライズ受験の資格はありません。

例えるなら、パラレル小回りが未熟でターンの度にテールが開くスキーヤーに向かって1級不合格の理由をゴチャゴチャ語るのと同様です。

もっと練習をしてから受験しましょう

とアドバイスを送るべきですが、受験を拒むことが出来ない現状では、受験者の機嫌を損ねないよう、適当に言葉を選んでアドバイスせざるを得ないのです。

歯切れとスピード感以前の問題なのは、スキーマニアなら誰でも分かるはずですよね?




73のケースに至っては、場所によっては一級さえも危ういケースです。
誰かにそそのかされ、一発発起して受験を試みたのでしょうが、このケースならばあと1シーズン30日滑っても合格は無理でしょう。
小手先の振り付け指導ではどうにもならないレベルなのです。

そもそも、スキー雑誌の技術解説は言葉のみで展開されるので、簡単に読書には伝わりません。

しかも指導の世界で常用される抽象語が多用されるので 余計に理解されにくいものになっています。
動かす

バランスが悪い

動きが止まっている
分かりませんよね~?(^_^)
あと、良い例、悪い例を示して解説するやり方も雑誌の常套手段ですが、これまたカナリ無理があります。BADケースが極端過ぎて 、非現実的なのです。

こんな変な格好で滑るプライズ受検者がそうそう居るとは思えません。


コレじゃあ1級も確実にアウトですわ。

プライズ受検を目指す位の人は、余計な技術論でアタマでっかちになっている可能性もあります。

が。

プライズ合格のためには、小手先の振り付け訓練だけでは何の改善にもならないと言うことを肝に命じ、スクール入校はほどほどに、ひたすら滑り込み、雪上での不自由感を徹底的に排除することが先決といえるでしょう。


★ 2016シーズン講習一覧

➡予約空き状況


➡木島平コブ滑走研究所とは?


➡当研究所主催の講習の5大特長



➡必見★当研究所の受講成果一例



➡参加者の喜びの声


★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村



スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク