【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
フリー滑走といいながら実はフリーでなかったりする(^^) 
検定の最後の種目に「フリー滑走」なる種目が存在します。

しかし本当にフリーなのでしょうか?

おそらく違います。

少なくとも1級以上の検定におけるフリー滑走は、決してフリーなどではなく「リズム変化」です。
受検回数の多い人ほど判で押したようなすべりを見せてくれます。

大回りで加速しながら2-3ターンしたあと、3回小回りして大回り、大回りを1回入れてまた3回小回り。

検定動画を見ていると大体そういうパターンに終始しています。

もちろん一定の速度が必要ですから、出だしでイキナリ小回りするのは不自然かもしれません。しかし本当にフリーであるならばそうした奇襲戦法もアリなのではと思います。

リズム変化などといわず、「SAJ小回り」を繰り出した後に、目が回るような超高速プロペラターンを連続させて技術の引き出しの多さアピールする受検生がいても不思議ではありません。

左右交互に360度回転をカマしてポジションの安定性をPRするのも大いにアリと私は思います。

しかしそんな人はまずいません。

日本人特有の事なかれ主義、右向け右主義によって多くの人がワンパターンな「フリー滑走」に終始しています。いや、終始させられているのです。

もちろんすべてがそうとは限りませんが、往々にしてフリーといいながら結局は「リズム変化」の出来を評価しているようにも見えるのはきっと私だけではないはず。

昨今の検定シーンを見ていますと、やはり重箱の隅をつつくごとく評価と、フリーといっておきながらフリーに滑る雰囲気を一切感じさせない独特の世界観が感じられます。

基礎スキーが採点種目という点では、氷の世界で繰り広げられるフィギュアスケートにも通ずるものがあります。
しかし、スケートにおける規定種目である「ショートプログラム」でさえ、スケーターによってそれなりのオリジナリティーを表現しています。

しかし今日の検定においてはそうしたオリジナリティーは一切認められません。

ああすればこうしろ。
こうすればああしろ。

型云々も大事なのかもしれませんが、もっと根本的な部分を評価してあげてもイイのではと思います。

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村


★ 2016シーズン講習一覧

➡予約空き状況


➡木島平コブ滑走研究所とは?


➡当研究所主催の講習の5大特長



➡必見★当研究所の受講成果一例




➡参加者の喜びの声

スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク