【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
ブレーキNGの呪縛からの脱却を!
コブをパラレルで滑りたいのに、どうしても足が開いてしまう。

そんな症例に悩むコブ修行中のスキーヤーは少なくありません。

理由を考えて見ますとおおよそこんな感じかと思われます。


【理由1】

大前提としてコブでは強力なブレーキ装置が必要です。
整地斜面では不要な(^_^)超強力なブレーキです。

ハノ字になるスキーヤーは、ブレーキ装置をパラレルブレーキではなく、プルークブレーキのみに頼っているということになります。


コブの形状を分析してみましょう

*コブのラインはとても狭い。
*しかもとても急な斜面が次々訪れる。

ぱっと見、自分が通過することが可能な場所は極めて狭く、そこはとんでもない急斜面になっています。
つまり、転倒の危険性を予見し、反射的にもっとも安全な姿勢であるプルークスタンスをとってしまうということなのだと思うのです。

何故パラレルブレーキが使えないのか。それが【理由2】です


【理由2】
コブをパラレルで通過する場合、昨今の通常の「小回り」よりもさらに急激なカーブをクリアしなくてはなりません。
かつて、両スキーにダラーっと荷重する「ハイブリッドスキー」を叩き込まれた新世代スキーヤーにとって、経験したことのないような超小回りが要求される、そんなコブには対応できません。
しかし、コブの中で超小回りを実践するためには、いわゆる「ウェーデルン」操作が必要です。
リフト乗り場での停止操作以外に、捻りや押し出しを実行する機会のない新世代スキーヤーには、あの狭いコブの中での素早い切り替えと捻り操作が全く追いつきません。
結局はプルーク以外に前進(降下)していく術が見当たらないと考えられます。


【処方箋】
1.瞬間的に方向が変えられるストックワークを身につける。
2.そのタイミングは「コブの底に着地した瞬間」。言い換えるなら「ターンが完了した瞬間」である。
3.幅を規制した中での徹底した横滑り練習をくりかえす。(前進禁止の横滑り)
4.外足に荷重する癖をつけるために、スキーをハノ字に開いて、谷側に転びそうになるくらいまで体重を掛け続けて斜滑降する。
5.慣れてきたら身体をフォールラインに向けて(強く腰を捻りながら)パラレルで同様の斜滑降を繰り返す。
6.普段から身体をスキーを同じ向きにして滑る方法を改める。(紙相撲滑りを封印する)


かつて「コブは整地とは正反対のことをしなくてはならない」と真面目な顔してレッスンを展開した指導員は多数存在しましたが、本来は正反対ではなかったはず。

いつの間にか「ハイブリッドスキー」が幅を利かせるようになり、従来あたりまえのように行われてきた捻り動作を教えなくなったのが原因であることは明らかです。

上層部もこの期に及んで「それは最悪な教えだった」と反省した模様で、今年は「くの字の徹底」を声高に叫んでいます。

捻り命
押し出し命
ブレーキ命

レーサでもない、単なるレジャースキーヤーである私達。
ブレーキ要素が多くても困ることなどないのです。(笑)

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村


★ 2016シーズン講習一覧

➡予約空き状況

➡木島平コブ滑走研究所とは?

➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例


➡参加者の喜びの声
スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク