【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
「途中でターンをやめない」ということ
コブを攻略する上で非常に重要な概念があります。

スキー指導者用語で言うなら「ニュートラルポジションをつくること」

普遍的語句で言い表すならば「どちらにも曲がっていない瞬間をつくること」

ということになります。

コブ専門スキースクールの有名先生はこうおっしゃいます。

曲がる前に、真っ直ぐ滑る部分を必ず入れる。
曲がることばかりを考えていると結局上手くターンできなくなる。

ニュートラルポジションを作る

などというSJ的表現はまったくいただけませんが、このような噛み砕いた表現はイイですね。

曲がることばかりを考えて滑っていると、どうしても早く切り替えようとして、結局、適正なラインをトレースできなくなります。
ターンを続けるべき局面において、途中で切り替えに走る。結果、減速が不十分となって加速、発射という憂き目です。

私がいつも講習で力説する

与えられたブレーキの機会を最後まで使い切る

ということをしっかり念頭においていただきたいと思うのです。

ターンを最後まで続けると、コブの中ではスキーは自動的にズレが終息し、前進挙動へと変化します。その部分がいわゆる

ニュートラルであり
曲がる前にまっすぐ進む部分を必ず入れる

という表現となるのです。

それが出来ていないとどうなるかといいますと、シルエット的にはこんな感じです。


下半身はまだ一つ前のターンから切り替えが始まる前に、上半身だけが次のターン方向に向いてしまっています。

コブにおいては、これを「先行動作」と呼び、コブの必須テクニックとして推奨されることもありますが、発展途上のスキーヤーがこのすべりをやると、与えられたブレーキを機会を途中放棄して次の向かう方向へと気持ちだけが先走っている、そんな状態に陥る可能性が大です。

言い回しは違えど、コブの滑走の原理は、急斜面では絶え間なく的確なブレーキをかけて続け
ターン(ブレーキ操作)がそれ以上続かなくなった局面ですかさず切り替えて次のブレーキ操作に移る

それを寸分たがわぬタイミングで連続させることで、

吸収動作が自然と生まれ
板の先端が30cm-40cm飛び出し状態

になるにすぎません。

ターン(削り運動)が終わって、「もうこれ以上削れません」という「コブの底」こそが切り替えの局面なのですが、多くの人が焦りのあまりその途中で次のターンに移行しようとして、結局ブレーキ不足で加速してしていってしまうのです。

コレこそがコブ滑走の超基本原則でであり、スキーの形状が変わったところでなんら変わることのない普遍原理なのであります。

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村


★ 2016シーズン講習一覧

➡予約空き状況

➡木島平コブ滑走研究所とは?

➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例


➡参加者の喜びの声



スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク