【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
ホンネで向き合うべき
スポーツ指導界の常識でもある、「褒めて伸ばす」。

私思うに、いわゆる基礎スキーの世界ではこれは当てはまらないような気がしています。

寸分違わぬ型が求められるこの世界において、安易に褒めたところで検定に合格しなければ何の意味も持たないのは、経験者なら誰もが思うことでしょう。

スキースクールも客商売ですから、やたらめったら褒める人もいます。

ゲストをリスペクトするその姿勢は決して間違ってはいないと思うのですが、検定を目指す人に対しての安易なおだてや褒め言葉は厳禁です。

レッスン生側からすれば、褒められたのになんで俺はいつまでたっても74なんだ?

そう思うに違いありません。

ダメならダメとはっきり言えばいいものを安易に69や74を出して、「あと一息で合格!」などとやたらと射幸心を煽る「検定の聖地」と呼ばれるスキー学校のやり方にはあまり感心できません。

検定の世界に褒め言葉は厳禁だと改めて実感するところです。

だって、ダメだから落ちるんでしょう( ^ω^ )

純粋に技術向上を目指すコアなスキーファンに対しては。やはりもっともっと本音でものを言うべきだと思いますし、それが誠意と言うものです。

ちなみに私の場合。

コブの滑走は、単純に連続ターンができるかできないか。

指標は極めて単純明快故に、目指す動きが出来ていれば容赦なく褒めます。

逆にできなければひたすら小牧で練習をやっていただきます。余計な講釈はありませんのでご安心ください。


★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村


★ 2016シーズン講習一覧

➡予約空き状況

➡木島平コブ滑走研究所とは?

➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例


➡参加者の喜びの声





スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク