【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
自然で楽スキの功罪
つくづく「ハイブリッドスキー」がもたらした弊害を感じるこのごろです。

大前提として、「カービングスキーには自動操縦装置が搭載されている」ような風潮が、世のスキーヤーを惑わす原因となったのは言うまでもありません。

ストックを使わせず、脚をダラーっと中途半端に広げさせ、ターンの度に体を傾斜させ、ゴキブリのごとく左右にチョロチョロ動き回るカービングターン。。。。。

確かにカービングターンは整地においてはスピードも出せる割には安定していて、えもいわれぬ遠心力に快感を覚えさせてくれます。
私だって時にはそんなターンもやります。

でも

カービングターンオンリーの癖がついてしまうと、急斜面やコブでは「スピードコントロール」が悲しいくらいに苦手化することになります。

自然で楽スキの功罪です。

小回りでは横のスペースを大きくとって、ひたすら丸い弧丸い弧と唱えながら滑るSAJ的基礎スキーヤー。
緩斜面ならそれでも定速操縦が可能ですが、急斜面になるとたちまち太刀打ちできなくなる。そんな1級前後の検定スキーヤーが世の中には沢山存在します。

いわゆる暴走小回りです。

それも仕方のない話です。
ブレーキは駄目。減速はNG。ストックさえアウト。小回りといっておきながらズレの要素の少ない滑りを叩き込まれたスキーヤーは、斜度が急で、かつ極端に小さい回転半径に規制されたライン取りを命じられると操作が間に合わなくなり、やがて破綻します。
ターンの度にイチイチ体を傾けていたのでは、動作が間に合わなくて当然です。

コブとて一緒。

コブとは究極の規制種目であり、自分でコースを選ぶことができません。
すべての操作の手順とタイミングは地形によって決められています。

そして常にズレをキープさせること。

世の中の誉れ高きスキーヤーがあまりに声高に「丸い弧丸い弧」と連呼するものですから、多くのスキーヤーがズレはNGのような誤解を抱いてしまっているのもまた由々しき問題です。

コブの滑走とはつまるところズレの連続、そしてズレの調整によって行われるものだということを念頭におきましょう。

ターン中はとにかく、いかにして「ズレ」をいち早くもたらすか。それが重要です。でもズラし過ぎてイキナリ横を向けてしまってはダメですヨ。

ターンの度に体が傾いてしまう癖をお持ちの方にはこんな訓練はいかがでしょう。
整地での中~大回で行う、いたって簡単なものです。

1.体を垂直にしたまま斜滑降する
加速したら、ストックを突く。但しストックを突く前に傾けるのはNGです。
2.ついた瞬間、突いたストックに引っ張られるように旋回がはじまる
3.ズレがはじまったらゆっくりと体を傾けてカービングターンに入る

スキッディングターンとカービングターンを同時に行うものです。

整地でjはやっぱりカービング要素を生かした爽快な滑りを楽しみたいのが人の常。
でも、傾けることでしかターンのキッカケをつかめない方はどうしてもコブで苦労します。

そこで私が考え出した(大げさ??)上記の方法です。

いたって単純な理屈ですが、内倒癖が治らないというお悩みの諸兄にはそれなりに効果があるようです。

何よりもストックを舵取り装置として活用する、効果的な訓練となりますので、是非お試しいただきたいと思います。

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村


★ 2016シーズン講習一覧

➡予約空き状況

➡木島平コブ滑走研究所とは?

➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例


➡参加者の喜びの声





スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク