【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
密脚がなぜイイのか
コブを滑るための必須姿勢のひとつに「密脚」があげられます。閉脚ともいいますが、その姿勢がどうしてコブに必要なのでしょう。

まず、コブはコブの底に到達した時の衝撃との戦いでもあります。めくるめく悪路を乗り越え、急激なターンを行い、そして絶壁。
その絶壁の先の奈落の底へは普段では体感しないような瞬間的なGがかかりますので、それに備えるための抵抗力を常に準備しておかなくてはなりません。

気をつけ!

の姿勢をとるには、それなりに脚に力が入りますよね?脱力状態では間違いなく両足は開いてしまいます。閉じようとすれば脚全体に緊張を要します。閉じようとする力はもちろん、太ももからふくらはぎ、足先までおそらく緊張状態となります。力が入っています。

その状態を保っていれば、コブの底に衝突したときの踏ん張る力も十分確保できます。
コブの底にたどり着く前の「削り」運動にも一層と力をこめることができますので、より確実なブレーキングが実現します。

さらに

脚が開いている人は、どうしてもカービング要素から抜けきれないケースが多いようですが、脚が開くと別々の離れた場所に位置する左右それぞれの脚が異なった挙動を示す可能性があります。

よくあるパターンとしては、ウチアシが雪面に突き刺さり、ズレではなく切れ上がるような挙動。
外脚は一生懸命ズレを起こしているのに、添えられたうち脚だけが単独でカービングしていくような挙動です。

タダでさえ開いている脚が、さらに広がってバラけてしまう可能性もあります。


そうした状況を防ぎ、何よりも危機(衝撃)の連続であるコブに真っ向から立ち向かうために、両足に渾身の力を込めて、最大限のパワーを雪面に伝えて行く必要があるのです。

それはモーグラーの行う「ヒールキック」も一般スキーヤーの「ズラシ」も共通して言えることなのです。


★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村


★ 2016シーズン講習一覧

➡予約空き状況

➡木島平コブ滑走研究所とは?

➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例


➡参加者の喜びの声

スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク