【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
教程が存在する割には言うことがバラバラ。なんとかならないものか
子供にスキーを教えるとき、ストックを使わせない派と推奨派に分かれます。

ストックに頼ると足元操作がいい加減になる。だからストックは持たせない。

それも一理あります。

でも私はそれに猛烈に反対します。

正しいストックの使い方を教えればイイのです。
ストックを使い方を教わらなければ、いつまでたっても手を曲げたまま、無意味に空中をブラブラさせるだけの飾りに棒としてなり下がってしまいます。

ストックワークはスキー技術のあらゆる要素の中で、一番癖を治すのに一番苦労する部分でもあり、長年の習慣がスキー技術全体に悪影響を及ぼす可能性すら潜んでいます。

特にコブ。

コブを手ぶらで滑ることほど恐ろしいものはありません。

ストックに頼るのをダサいとみなす人もいるのかもしれませんが、ストックを使った方が楽に滑れるのは間違いありませんし、何よりもあらゆるシチュエーションにおいてストックは安全装置にも成り得るものです。

足元操作よりも、腕の操作でコブ攻略の早道が開けます。

二輪駆動よりも四輪駆動の方がコブという悪路に対してより効率的に攻め込むことが可能です。
コブは結局のところ危険の連続、悪路の連続、障害物の連続なのです。

登山のテクニックに「三点支持」なる概念がありますが、コブも全く同じといえます。

まずは何はなくともコブ攻略に大切なストックワークの練習に取り掛かるべきでしょう。

検定で滑りにカッコつけるためのアクセサリーなどでは決してないのですから。(笑)


そもそも教程なるものが存在しておきながら、イントラによって言うことがバラバラというのが諸悪の根源なのであります。
教程の扱いがスクールによってバラバラというのもまた問題。

修学旅行生にウチアシ主導を教えていたデモ級のイントラに向かって、たまたま傍にいた付き添いの学校の先生が、「先生それは違うでしょ」と楯突く場面があったのもまた事実です。

しかし

もし、その技法が自分の上達過程において経験として身に付けたものであれば、説得力をもつものになるのでしょうが、実際は「伝言ゲーム」によって伝わってきたものですから、相手を説き伏せることなどできるはずもないのです。

その現場を目撃した教員にしてみれば、相手がデモだろうが、ナショデモだろうが、そんなことは全く関係のないハナシなのです。

とにもかくにも、教程の扱いについて、もっとしっかりとガイドラインを示すべきでしょう。それは何よりもスキー指導というサービス品質の均一化にもかかっていいるといえます。

ちなみに木島平スキースクールにおいてはあくまで教程は「絶対ではなく、推奨」なのだそうです。

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村


★ 2016シーズン講習一覧

➡予約空き状況

➡木島平コブ滑走研究所とは?

➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例


➡参加者の喜びの声
スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク