【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
見た目で選んではイケマセン。クルマじゃないのだから(^^)
スキーは滑るための道具でありながら、実際は服や靴と一緒で、履き心地や機能性はもちろんですが、見た目もやっぱり大事です。

スキーヤーに潜む「見栄」が大きく作用するのは言うまでもありません。

かつて、「長いスキーが上級者の証」のような扱われ方をしていました。

俺はは2m10cm、あいつは2m05cm。

少し上達すると、つい見栄を張って分不相応な長すぎる板を選ぶ傾向にあったような気がします。
ショップの店員におだてられ、すぐに上達するのだからこれくらいの長さはあっても十分だ。

そんな殺し文句にヤラれた見栄っ張りスキーヤーが相当数存在したものと思われます。

でも、見た目で選ぶと大変な目に遭いますのでくれぐれも注意が必要です。
スキーという道具は「大は小を兼ねない」なのです。

しかし何故か廉価モデルはデザインが野暮ったいのです。

クルマでもそうです。

最近ではあまりみかけませんが、最廉価モデルの外装のバンパーは大抵ブラック無塗装と相場が決まっていました。

carlineup_hiacevan_grade_grade3_05_pc.png
©トヨタ自動車

コレは商用車故にそこまでのデザイン性は求められませんが、これが自分乗用のヴィッツなら、きっと買う気も失せるというものです。
黒バンパーのコンパクトカーなんて、絶対買いたくありませんよね(笑)

かたやこちらはボディー同色のスペシャルパッケージ。
carlineup_hiacevan_grade_grade3_01_pc.png
©トヨタ自動車

中身は一緒なのに、見た目が全然洗練されています。

スキーとて一緒なのです。

最上級モデルはビンディングもピカピカに光っていたり、トップシートデザインも明らかにカッコいいのです。

でも、クルマのように格好で選ぶと大変なことになります。
お気に入りのデモが履いているからといって同じものを選ぶことほどアホらしい選択はありません。

きっとスキーが下手になります。

1級にやっと合格する程度の腕で140とか150の硬いブーツを買うのもまた得策ではありません。

出来ることならスキーは試乗してから買いましょう。

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村


★ 2016シーズン講習一覧

➡予約空き状況

➡木島平コブ滑走研究所とは?

➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例


➡参加者の喜びの声
スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク