【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
まるで軍隊みたいですね(^^)
今日のゲストは全員オーストラリア人、しかもタスマニア州。
実は州都ホバート市のスキークラブの方々です。

団体旅行というわけではなく、口コミによっていつの間にか我が宿がスキークラブの間に広まって、次から次に新しいゲスト、そしてお馴染みさんが増えていった結果なのです。

その中の中心的存在であるデービス一家は10年前の初利用以来、二年に一度、必ず訪れてくれています。
最初に2泊、途中5泊は白馬、そしてまた戻ってきて5泊。合計7泊ご利用いただきました。

そんなデービス氏に聞いてみました。


オーストラリアにはスキー検定のような仕組みはありますか?

無くはないけれど、非常にマイナーな存在ですよ。

スキー雑誌はありますか?日本のスキー雑誌は長らくこんな感じのテクニック解説中心の内容ですが。

ありますよ。でも技術解説に特化した雑誌はなく、フリースキーや、マウンテンスキーなどの分野ばかりです。

そもそもオーストラリアにおいてはスキースポーツは非常にマイナーな存在なのです。



なるほど。


デービスさん、今日は野沢温泉にお出かけでした。そしてこんな感想を述べていました。


下山途中のある場所で、インストラクターが同じウェアを着た生徒を一列に並ばせてレッスンしている様子が目に付いたのですが、まるで軍隊の訓練みたいですね。


おそらく修学旅行でしょうか。

まるで軍隊とはナントモトホホな例え。


スキーの「体育化」に疑問を呈するとある方のコメントを掲載したことがあるのですが、まだまだそうしたスパルタ的大人数レッスンが主流の日本はスキー後進国といえそうです。



★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ

にほんブログ村
★ 2016シーズン講習一覧
➡木島平コブ滑走研究所とは?


➡当研究所主催の講習の5大特長


➡必見★当研究所の受講成果一例


➡参加者の喜びの声




スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク