【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
コブの練習の仕方 ③
整地での「方向転換」ができたら、実際にコブでやってみます。

でも連続ターンではありません。

一回転ずつの細切れ練習です。

しかしこの動きを洗練させることが極めて重要です。

コブではすべての運動がめまぐるしく変化していきます。連続ターンをやると、行うべき正確な運動が出来ず、ただバタバタするばかりになってしまいます。
なので、目指す運動が可能な1回転、2回転の細切れで行うのです。

実際のやり方です。

コブの入口(出口)付近の真横に立ちます。実際の滑走ラインの外側になります。
突く側の手をしっかり構え、雪面にストックを突く用意をします。
実際にこの構えがコブの連続ターンを行うときの基本姿勢となります。

この時視線はスキーが回転しながら「ズレ」た結果達する「コブの底」をしっかり見ます。
何故ならスキーにおける視線は、つまるところ自分が進んでいく方向に向けることでその方向に自然と進行していくという特性があるからです。

コブの落ち込みに向かって少しずつ前進し、ストックをしっかりと前に構えます。できるだけ地面ぎりぎりに構えて、スキーが少し飛び出した状態になったところでお辞儀するように前に落とし込みながら、その勢いでストックを前にしっかり押さえつけるように突きさします。

ストックに寄りかかるとき、自分から体を傾けないように心がけます。

先落とし運動を行いつつ、テールが勢いよく振り出され、強いブレーキがかかることが感じられるまでひたすら繰り返しましょう。

ひとつひとつの運動の精度を上げ、「上手くいった」と感じるいわば 成功体験を積み上げて行くことが重要です。




何度も申します。

決して連続ターンをやってはいけません。
この時点では絶対に上手くいきませんので。


★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ

にほんブログ村


➡木島平コブ滑走研究所とは?
 
➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例

➡参加者の喜びの声

➡2016年講習実施予定一覧
スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク