【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
コブの練習の仕方 ⑤
1ターン練習がある程度上手くいったら、2ターンに挑戦です。

二回転を正確に決めるには、コブにおけるターンの原則である

着地したら即ストックを突く

という動きを徹底して身につけなくてはなりません。

実はコレが非常に難しいのです。

まずは何はなくとも1ターン目を正確に決める必要があります。

ウチではターンの練習のときは毎回コブの横から入ることを原則としています。
それにより静止状態を作り、1ターン目に強いブレーキを生むことを目標としているからです。

手抜きをして何もしないまま適当に1ターン目を行うと、ズレが甘いまま確実にコブの縁に向かって前進し遠心力により自分の意図しない急ターンを余儀なくされます。


何はなくとも1ターン目はしっかりストックを前にかざし、突き刺しによる強制回転、ならびにテールの大きなズレを感じていただく必要があります。

たとえ連続ターンを行う場合でも、1ターン目が正確に決められなければ2ターン目以降もおそらく上手くいきません。
逆にいうなら、1ターン目に強いずれを伴った丸いターンと減速が上手にできればそれ以降も、かなりの確率で上手くいきます。

この時、身体を傾けたり、ストックに過剰に近づいたりしないよう、いわば「待つ」ことで自動的に体が回転するのを確認いただきたいと思います。

身体を傾けてしまう悪い例


身体を垂直に保って体が回転していくのを待っている好例



そして2ターン目を的確に決めるためには、たとえば右ターンから始まる場合、右に旋回しながら、左手をすぐに顔の前にセットすることが求められます。

いつでも瞬時にストックを突き刺せるよう、突かない側の手を常に顔の前に構える癖をつけておくことです。

ストックの突くタイミングでどの程度スキーの挙動が変化するか、実際の動画でごらん頂きます。

2ターン目のストックが瞬時につけた場合


遅れた場合


遅れた場合、スキーが無駄に前進していって加速、コースアウトします。


瞬時につけた場合は、自分のスキー操作云々に関係なく、無条件で曲がって行きます。

コブにおいては上記1の動画の2ターン目のごとく、運動の自動化が求められるのです。


★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ

にほんブログ村


➡木島平コブ滑走研究所とは?
 
➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例

➡参加者の喜びの声

➡2016年講習実施予定一覧


スポンサーサイト


プロフィール














★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク