【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
コブの練習の仕方 9  ~お尻の落ちた後傾を直す方法
コブの大敵は後傾だと考えます。

お尻の落ちたポジションでターンをすると、基本的にかかとに重さが残ったままになり、瞬間的な切り替えを要求されるピッチの狭いコブではなかなか太刀打ちできません。

決して滑れなくはありませんが、ターンの度に自分の意図に反してコブの外側に大きく膨らみ、まるでバンクターンのような軌道を描くことに終始してしまいます。

かかとに乗って、トップを動かしやすくするのがイイなどという人もいますが、かかとを支点にスキーの前半分を振るなどという動作は果たして合理的な動きなのでしょうか。

たぶんそれは多くの人にとって困難です。
いや、そんな戯言に振り回されてはなりません。

基本的にコブにおいてはスキーセンターに乗り続け、時に前乗りになってテールを振る。

そんな動きを目指すべきでしょう。

ではどうやって後傾を直せばいいのでしょうか。

残念ながらその治療のための特効薬など言うものは存在しません。
ただひたすら滑り込むしかありません。

しかし、練習方法はあります。

お尻が落ちた滑りをするそのほとんどは、スキーが開脚気味になっている人だと考えます。

カービング台頭期にスキースクールに足しげく通った人は、開脚を推奨され、脚曲げを推奨されました。
そのような滑りが身につくと、スキーの乗り位置が悪いということに気づかされません。

絶対にコケることのない幅広の板に乗り、さらに脚を開けば、チョットやそっとのことでは転ばないという安心感が得られました。

でもそこに大きな落とし穴があったと考えられます。

後傾であることに違和感を感じないのです。

そうしたスキーヤーはぜひ次の練習方法をお試しいただきたいと思います。

緩斜面に行く
思い切り棒立ちになる
外脚一本だけでターンする
ウチアシはターンのときに持ち上げる

私をスキーに連れてって

の滑走シーンのパラレルターンはもれなく内足を持ち上げていました。

おそらく脚をまげて、開いて、お尻を落として滑っているスキーヤーは、片足ターンが上手くできず、すぐに両足を付いてしまいます。
真ん中に乗れていないからです。

ぜひ片足ターンの練習を繰り返し行うことで、正しい乗り位置を体得し、曲がったままのターン姿勢を矯正いただきたいと思います。

★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ

にほんブログ村


➡木島平コブ滑走研究所とは?
 
➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例

➡参加者の喜びの声

➡2016年講習実施予定一覧
スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク