【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
コブの練習の仕方 ⑩ ~与えられたブレーキの機会を100%生かすべし
与えられたブレーキの機会を100%活用すべし


これもよく私が口にすることです。

多くの方は

遅れないように!

という焦る気持ちが強すぎて、切り替えが早いことが多いような気がします。

よくあるコブ技術解説

どんなライン取りをしても、コブの出口は同じ。
出口を必ず守ることが大事


などという人がいます。

なぜ大事なのかを解くべきなのですが、そんな解説を見たことがありません。

その心は

ブレーキの機会を100%活用すべし

ということになります。

連続ターンをする中において、定速操縦するには一定のブレーキ、迎え角が必要です。

バンク系、縦ズラシ系、モーグル系、ズレの度合いはそれぞれ違えども、

全てのすべりにおいて、スキーはコブのほぼ最底辺部分を通過することになります。

その心は


ブレーキの機会を100%生かしきる

ということです。

なので、コブを練習するに当たって重要な、


ターンを途中でやめない

という考え方を徹底していただきたいと思います。

底に当たるまでしっかり外向傾を維持しながら、ズレ続ける。つまりブレーキを掛け続けることが重要です。

そのためには、

自分がどこまでブレーキを掛け続けるのかを確認するために

次に削る場所を見る。
削った結果たどり着くコブの底を見る。


ことを強く意識していただきたいと思います。

遠くを見る

などという人がいますが、それはコブをスイスイ滑ることのできる人の言い分であり、決して信じてはなりません。

コブは結局のところ危険の連続ですので、めまぐるしく現れる危機に如何に対応できるかがポイントとなります。
コブを克服するには、いかに

怖くない

という気持ちになれるかが重要ですので、先行き不透明な恐怖心を抱かせるような「遠くを見ろ」的論は全く見当違いであるということを強く申し上げておきます。


予約状況

2月8日 2名さま
2月9日 3名さま
2月10日 臨時休講
2月11日 定休日
2月12日 定休日
2月13日 残席1
2月14日 残席1
2月15日 プライベート
2月16日 プライベート
2月17日 空きあり
2月18日 空きあり
2月19日 休講
2月20日 残席1 *ただし宿泊満員
2月20日 残席1 *同


★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ

にほんブログ村


➡木島平コブ滑走研究所とは?
 
➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例

➡参加者の喜びの声

➡2016年講習実施予定一覧
スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク