【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
遠回りさせられていないか?
かつて話題になった、SJ誌付録のデモ直伝・コブレッスンDVD。



通りすがりの?一般スキーヤーをレッスン生に見立てて手ほどきを行うという企画。


いつも思うのですが、こうしたDVDに登場する一般スキーヤーは教えるまでもなく、すでに上手いスキーヤーばかりです。

最初の整地の大回り動画を見ても、どうしてこんなに滑れる人間がわざわざコブの滑り方レッスンを受ける必要があるのか、全く理解できないというのが正直なところ。

レッスンを受けるにしても、それぞれの講習生が何のために、何を目指してそれを志願しているのかという設定がかなりあいまいです。

こうしたDVDはイントラ役のデモが困り果てることのないよう、言われたことを無難にこなせることが条件です。
でも時折ぎこちなさを垣間見せるというのが製作者サイドの望むところでしょう。

しかしですね。

段階的にレベルアップしていくレッスンを目指すのでしょうが、何を基準にしてのLevel1なのでしょうか?

もともとコブができる人がテクニカルを目指すためのLevel.1なのか。
それともコブで連続ターンが出来ない人に向けてのLevel.1なのか。

意味不明です。

それをひとまとめにしてしまうから、同様のDVDをみたコブ苦手スキーヤーは路頭に迷うのです。

なんだ。この人たち、うまいじゃん。何を習うの??

そもそもコブでの加速しない連続ターンをしたいだけなのに、大回りの練習させたり、プルークの練習させたり、コブと同リンクしているのかいまひとつハッキリしないバリエーショントレーニングが多すぎます。


あれこれ手数を打ち、イントラとして格好をつけたいのかもしれませんが、あまり手を広げすぎると結局どれも消化不良になってしまいます。

世の中、シーズンに何度もスキースクールに通えるスキーマニアばかりではありません。
必要最低限の、かつ絶対条件となるポイントを押さえた指導がいくらでもあるはずです。

少なくとも、コブを志願する人は「パラレル小回り」が曲がりなりにも出来る人でしょうから、コブに突っ込んで行けるだけの素地となるテクニックを伝授するだけで十分です。

それだけで多くの方は十分満足されますので。(^_^)


★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ

にほんブログ村


➡木島平コブ滑走研究所とは?
 
➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例

➡参加者の喜びの声

➡2016年講習実施予定一覧

スポンサーサイト


プロフィール














★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク