【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
コブの滑り方  ~ 潰され、突き刺し、引き起こす。その結果現れる効果は?
コブで必須と云われる「吸収動作」。

この動きを的確に組み込むと、確かにスキーが回りやすくなります。しかし私が思うに、それは決して必須ではありません。
コブでの連続ターン(等速操縦)を行うためにはそれよりも重要なことがあります。

吸収動作は、必須というよりも、むしろ必然的に起こるものです。
急な落ち込みに向かって落ちていき、底に当たった衝撃で体が潰されます。問題はその後です。
吸収、吸収、吸収、とそのことばかり意識してしまうと四六時中脚を曲げたまま滑る人が続出するため、私はあまり吸収のことは言いません。

でも実際にはコブ底に到達した瞬間、それなりの衝撃があるわけですから「潰れ」たようなシルエットにならざるを得ません。

潰された瞬間、もし何もしなければどうなるでししょう??
きっとお尻が落ちて、テールに重みがかかってターンに結びつきません。
直進、加速、コースアウトの憂き目に逢うことになります。

正しくはこうです。

潰されるまえには、コブの落ち込みに向かって削る運動が行われているはずですから、その間もしっかりストックを前に構え、頭をフォールライン方向に向けることで、強いズレを意識し続けます。

コンマ何秒かの後、所定の「コブの底」に着地します。その瞬間体は潰されます。潰されると、前に構えたストックのシャフトが自然と地面に急接近し、ほんの少しの手の上下によりストックが前方に突き刺さります。まるで自動的に突き刺さるかのような感覚が得られればベストでしょう。

その次の瞬間、突いたストックを強く押し下げます。潰された体を腕力で引き起こすような感じです。
実際、上半身が伸展し、同時に前に進もうとするスキーが体の下に戻ってくるような挙動を感じることが出来ます。コレにより、ターンマキシマムでお尻の落ちた後傾のポジションが解消され、次のコブの落ち込みに向かってスキーが雪面を捉えるような挙動を示します。

これがいわゆる先落しです。

以前、スキーの引き戻しによって先落しを誘発する方法をご紹介しましたが、下半身引き戻し型だけでなく、今回の上半身引き起こし型によっても同じく先落としを体験することが可能になるというワケです。

足を引くか、上体を前に持って行くかの違いなのですが、結局は後傾を解消し、積極的にスキーを次のコブの落ち込みに向かって差し込んでいく方法論であることには変わりありません。

その実例を今日のゲストFさまのすべりにてご紹介いたします。

ストックによる引き起こし操作なし


引き起こして先落しを意識した滑り


かなり大げさにやっていただきましたが、挙動の違いを体験するにはコレくらい大げさにやらないと実感することは出来ません。


明らかに違いますよね??


ちなみにFさま。
ウチを受講されるまでは2-3ターンで速攻アウトだったそうです。

「本当にコブができませんでした。先生のおかげです。ありがとうございました。」

うれしいお言葉を頂戴しました。

また遊びましょう!!

予約状況

2月15日 プライベート講習
2月16日 プライベート講習
2月17日 休講
2月18日 1名様
2月19日 1名様
2月20日 4名様(宿泊満員につき、通い受講OK)
2月21日 同上
2月22日~ いずれの日も十分空きがあります。




★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ

にほんブログ村


➡木島平コブ滑走研究所とは?
 
➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例

➡参加者の喜びの声

➡2016年講習実施予定一覧
スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク