【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
ストックのことなんて一度も指摘されたことがありません
昨日、一昨日とプライベート講習を受講いただいた大阪のKさま。
20歳過ぎでスキーをはじめ、30年以上前に1級を取得されたもののコブをまともに滑れない。

そんな悩みをお持ちで、「渡部浩二 コブ」との検索でたまたまウチを見つけられたとのことでした。

いままで700日以上滑走し、一般、キャンプ、プライベートなどあらゆるレッスンを受講してきたものの、コブだけは光明を見出せずにいらっしゃったとのことです。

そしてようやくたどり着いた拙者の講習。

光明が見いだせななかった原因は即明らかになりました。

そしてかなりご満足いただけたようでした。

===

ストックワークのことなど言われたことがない。ここまでストックのことをダメ出しされるとは思わなかった。
しかもストックワークがこんなにまで滑りに影響するとは、目から鱗だ。



===

そうなんです。スキーは足で滑るものなので、悲しいかなストックはオマケ的位置づけ。
しかし決してそうではありません。世のスキー指導者はその重要性に気づいていない人があまりに多すぎます。

ハイブリッドスキーの台頭以来、みんなそのことをわすれてしまったようです。

ノーマルスキー時代、ひたすら「ストックは前!」って指摘されませんでしたか?

足元操作にばかり目がいき、一生懸命あれこれ指導論を繰り出すものの、結局上手くいかない。

SJやSG誌のコブDVD。どれもこれも曲芸披露の映像ばかりで、肝心のストックワークについてはほとんど触れられずじまいです。

手漕ぎボートのオールを水中に突っ込むと急に旋回をはじめるでしょう?
ストックもオールと一緒です。突き刺す対象物が液体か固体かの違いなだけなんです。

コブを教えてくれと頼んでも断られてしまうスキースクールが多い昨今、ストックの使い方をないがしろにしてしまっている現実では致し方のないことかも知れません。

が、それにしてもみんな足もとにばかりとらわれ過ぎています。

腕の構え方一つでも相当滑りに影響します。
体の横に構えていたり、脇が開いていると、ターンが遅れて加速してしまいます。

正しい構えは快適な連続ターンへと確実に導いてくれます。


当たり前のように自動的なストックの構えが出来ている人には、きっとその重要性がわからないのでしょう。
当たり前すぎて誰も語らないのでしょう。

もったいないことしてますよね。世の指導員さんは(^^)


予約状況

2月18日 4名様
2月19日 4名様
2月20日 4名様
2月21日 4名様
2月22日 空き有
2月23日 空き有
2月24日 休講
2月25日 空き有
2月26日 空き有
2月27日 3名様
2月28日 3名様


★スキーブログランキングに参加中★
↓応援ポチッ↓ をよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ

にほんブログ村


➡木島平コブ滑走研究所とは?
 
➡当研究所主催の講習の5大特長

➡必見★当研究所の受講成果一例

➡参加者の喜びの声

➡2016年講習実施予定一覧
スポンサーサイト


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク